ニュース

自閉症の青年と看護学生の女性の暖かい心の交流を描いた『ぼくはうみがみたくなりました』

自閉症の青年と、看護学生の女性の暖かい心の交流を描いた『ぼくはうみがみたくなりました』が、8月22日(土)より、東京都写真美術館ホールにて公開される。

自分を見失いかけていた看護学生の明日美(大塚ちひろ)は、愛車の黄色いステップワゴンを見つめている青年・淳一(伊藤祐貴)に声をかける。2人は海へとドライブをはじめるが、淳一の言動は明らかにおかしい。全くの偶然から出会った二人は、旅先で出会うさまざまな人物との交流を通し、たくさんの驚きと、ささやかな幸せを味わうことになる。

原作小説『ぼくはうみがみたくなりました』は、自身も自閉症児の父親である脚本家・山下久仁明が「一人でも多くの人たちに自閉症のことを知って欲しい」という思いで書き下ろしたもの。その後、映画化を企画し、インターネットでカンパを呼びかけ、全国の賛同者1,000人以上の寄付金をもとに制作された。

主人公・明日美は『いま、会いにゆきます』での瑞々しい存在感が話題を呼んだ、大塚ちひろ。清新な魅力で青年の態度に戸惑いながらも暖かく見守る看護士を見事に演じる。その実態が未だほとんど知られていない「自閉症」に焦点を当てた本作に触れ、そこに流れる暖かさを、しっかりと感じ取ってみてほしい。

『ぼくはうみがみたくなりました』

2009年8月22日(土)より、東京都写真美術館ホールにて公開、以降全国順次ロードショー

脚本・監督:山下久仁明

キャスト:
大塚ちひろ
伊藤祐貴
秋野太作
大森暁美
石井めぐみ
ピエール瀧(友情出演)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら