ニュース

3人の作家が表現する「心の平和」とは、吉祥寺Art Center Ongoingにてグループ展

駒井翔平、齋藤達夫、齋藤雄介によるグループ展『心の平和』が、吉祥寺のArt Center Ongoingにて8月30日まで開催されている。

1983年生まれの駒井はアーティストが使い慣れた絵筆などの画材道具を利用して、古代兵器を匂わせる武骨な立体作品を制作するアーティスト。ワイエス風景画に描かれている農耕器具のような風情さえ感じる彼の作品は、同展の中でも冷めた眼で鑑賞者を見つめ返す印象を感じるだろう。

1947年生まれの齋藤達夫が作り出す作品は、抽象的で詩情ある作風と観る者に底知れぬパワーを感じさせる。好きなものを好きなように描くそのスタイルは、素直な対象となって表現されている。

そして、1981年生まれの齋藤雄介が作り出すのは、素材の重力を無視した絶妙でアンバランスな作品たち。日用品と彼の手から生まれた特殊な人工物と融合したそれらからは、相性という枠組みを超えた魅力が溢れている。

年代もテーマも異なる3人の作家から発せられる、「心の平和」という共通のメッセージを感じ取ってほしい。

『心の平和』

2009年8月14日(金)~8月30日(日)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
時間:12:00~21:00

参加作家:
駒井翔平
齋藤達夫
齋藤雄介

定休日:月・火
料金:無料

一夜限りの雑庵ナイト「朝までpanic」

2009年8月29日(土)20:00~
2杯目の注文にスペシャルドリンクをサービス

special talk event 2

2009年8月30日(日)19:00~

スピーカー:
加藤慶(本展企画)
小川希(Ongoing代表)
吉田有里(あいちトリエンナーレ2010アシスタントキュレーター)
料金:1,000円(1ドリンク込)

(画像上から:本展チラシイメージ、駒井翔平『進化でもしているつもり』(2008)、齋藤達夫『yakitori』、齋藤雄介『Three box on the hand』(2008))

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に