ニュース

情けなさそうな男達を小日向らが演じる『サイドウェイズ』、オスカー受賞作を日本版リメイク

2004年にアメリカで公開され、アカデミー賞では脚色賞を受賞した名作ロードムービー『サイドウェイ』。その日本版リメイクとして新たに製作された『サイドウェイズ』が、10月31日より全国にて公開される。

中年のシナリオライター・道雄は、親友である大介の結婚式へ出席するために渡ったアメリカで、独身最後の日々を謳歌したいと言う大介と共に1週間のドライブ旅行へ出かける。そこで会ったのは、道雄が20年前の留学時代に知り合った麻有子、そして友人のミナ。予期せぬ出会いと再会によって、4人の人生が交差してゆく。

「最も情けなさそうな2人組」として、主人公の道雄に小日向文世、大介には生瀬勝久が選ばれた。また、麻有子を鈴木京香、ミナを菊地凛子が演じ、実力派の出演陣によって、ハリウッドの名作が親しみやすい日本映画に生まれ変わっている。

撮影はオール海外ロケで行われ、美しいナパ・バレーの景観も物語を彩っている。「人生の寄り道」がもたらした、思いがけない出会いや発見。新生『サイドウェイズ』は、大人が楽しめる大人の青春物語だ。

『サイドウェイズ』

2009年10月31日(土)より全国ロードショー
監督:チェリン・グラック
脚本:上杉隆之
音楽:ジェイク・シマブクロ
キャスト:
小日向文世
生瀬勝久
菊地凛子
鈴木京香

配給:20世紀フォックス映画

(画像:©2009 Twentieth Century Fox Film Corporation and Fuji Television Network, Inc.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演