ニュース

中山美穂が12年ぶり映画出演、夫・辻仁成原作『サヨナライツカ』で妖艶な女性役

中山美穂の12年ぶりとなる主演映画『サヨナライツカ』の公開日が、2010年1月23日に決定した。監督は『私の頭の中の消しゴム』などで知られるイ・ジェハン。原作は中山の夫・辻仁成の同名小説となる。

中山が演じる主人公の沓子(とうこ)は、バンコクの最高級ホテルオリエンタル・バンコクの豪華スイートルームに住み、金銭に不自由なく、その美しさゆえに男性から愛されることで満された毎日を送っていた。「愛されることがすべて」と信じる彼女は、バンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と愛をはぐくむうちに「愛される」ことではなく、人を「愛する」ことに気づきはじめる。

楽しい日々を過ごす彼らだったが、豊には結婚を間近に控えた光子という婚約者を東京に残していた。愛しあう2人は苦渋の選択をし、25年後となる2000年のバンコクで運命の再開を遂げる。

12年ぶりの映画出演となる中山は作品に対し「一人ひとりの観客を一輪の花だとし、大きなブーケをつくれたとしたら、すぐにでも沓子に届けたい思いです。」とコメント。イ監督のラブコールを受けて待望の女優復帰となる。また、イ監督も「沓子は時代を超越した女性なので、ファムファタール的な姿だけでなく、イングリッド・バーグマンのような“ハリウッド・グラマー”のイメージなど、多様な姿と変化を見せたかった。」と中山への期待を語っている。

出演者は西島秀俊、石田ゆり子らが名を連ねており、今後の詳細発表にも注目が集まる。

『サヨナライツカ』

2010年1月23日(土)、新宿バルト9、丸の内TOEI(2)他全国ロードショー
監督・脚本:イ・ジェハン
原作:『サヨナライツカ』辻 仁成(幻冬舎文庫)
キャスト:
中山美穂
西島秀俊
石田ゆり子

配給:アスミック・エース

(画像:©2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー