ニュース

作品スケールの大きさに秘めた森万里子の感性が強く光る『フラットストーン』展

90年代半ばから国際的なアートシーンで活躍するアーティスト・森万里子による『フラットストーン』展が、SCAI THE BATHHOUSEで開催されている。

1997年の第47回ベニスビエンナーレで優秀賞を受賞して以来、国際的な評価を確立し、世界中から注目を浴びる森万里子。2007年から2008年にかけて海外で行われた巡回展は、彼女の作品スケールの大きさを改めて感じさせ、その反響は計り知れない。日本では今年3月に立体作品“プラントオパール”が六本木ヒルズに設置され、気温や雨風など自然現象によって色彩が変化する現象で人々を楽しませている。

本展でメインとなるのは国内未発表の立体作品“フラットストーン”。縄文時代の環状列石にインスパイアされ、22個の白いセラミックパーツを用いて制作された。それは、再び自然と融合する新しい人間の生き方を示唆し、あわせて展示されている宇宙と物質の繋がりをテーマにしたペインティングやドローイングにも共通している。

スケールの大きな立体作品を制作している森万里子の中に秘められた感性と本質的なコンセプトを強く感じさせる内容の展覧会だ。

森万里子
『フラットストーン』

2009年9月8日(火)~10月3日(土)
会場:SCAI THE BATHHOUSE(東京・谷中)
時間:12:00~19:00
休廊日:日・月・祝日

(画像:フラットストーン 2007年 セラミック、アクリル樹脂 展示サイズ:487.5 x 314.6 x 8.8cm Photo by Richard Learoyd)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い