ニュース

作品スケールの大きさに秘めた森万里子の感性が強く光る『フラットストーン』展

90年代半ばから国際的なアートシーンで活躍するアーティスト・森万里子による『フラットストーン』展が、SCAI THE BATHHOUSEで開催されている。

1997年の第47回ベニスビエンナーレで優秀賞を受賞して以来、国際的な評価を確立し、世界中から注目を浴びる森万里子。2007年から2008年にかけて海外で行われた巡回展は、彼女の作品スケールの大きさを改めて感じさせ、その反響は計り知れない。日本では今年3月に立体作品“プラントオパール”が六本木ヒルズに設置され、気温や雨風など自然現象によって色彩が変化する現象で人々を楽しませている。

本展でメインとなるのは国内未発表の立体作品“フラットストーン”。縄文時代の環状列石にインスパイアされ、22個の白いセラミックパーツを用いて制作された。それは、再び自然と融合する新しい人間の生き方を示唆し、あわせて展示されている宇宙と物質の繋がりをテーマにしたペインティングやドローイングにも共通している。

スケールの大きな立体作品を制作している森万里子の中に秘められた感性と本質的なコンセプトを強く感じさせる内容の展覧会だ。

森万里子
『フラットストーン』

2009年9月8日(火)~10月3日(土)
会場:SCAI THE BATHHOUSE(東京・谷中)
時間:12:00~19:00
休廊日:日・月・祝日

(画像:フラットストーン 2007年 セラミック、アクリル樹脂 展示サイズ:487.5 x 314.6 x 8.8cm Photo by Richard Learoyd)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る