ニュース

テリー・ギリアム最新作『Dr.パルナサスの鏡』、ヒースの死を乗り越え豪華3俳優の代役で完成

ヒース・レジャーの遺作となった『Dr.パルナサスの鏡』が、2010年1月より全国で公開される。

同映画は、映像の魔術師テリー・ギリアム監督が仕掛けた壮大なエンタテインメント映画として撮影段階から注目を集めていたが、主演のヒース・レジャーの急逝により一時は完成が危ぶまれていた作品。しかし、彼と親交のあったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が、撮影途中だったヒースが演じる役「トニー」を演じ分けることで遂に完成し、公開に至った。

舞台は2007年のロンドン。劇場仕立ての馬車で巡業をする旅芸人一座の座長・パルナッサス博士(クリストファー・プラマー)は、自らの不死を得る代償として大切な娘ヴァレンティナ(リリー・コール)を差し出す契約を悪魔(トム・ウェイツ)と交わす。その期限が迫る中、謎の青年トニー(ヒース・レジャー)が一座に加わったことにより、事態は思いがけない方向へ導かれていくファンタジー。

一座の出し物である「イマジナリウム」とは、魔法の鏡を通して向こうにある想像上の世界を体験できるというもの。ぜひ『Dr.パルナサスの鏡』を通してテリー・ギリアムのファンタスティックな世界観を覗いてみてほしい。

『Dr.パルナサスの鏡』

2010年1月よりTOHOシネマズ、有楽座ほか全国ロードショー
監督:テリー・ギリアム
キャスト:
ヒース・レジャー
クリストファー・プラマー
リリー・コール、ヴァーン・トロイヤー
アンドリュー・ガーフィールド
トム・ウェイツ
ジョニー・デップ
ジュード・ロウ
コリン・ファレル

配給:ショウゲート

(画像:©2009 Imaginarium Films, Inc. All Rights Reserved. (c)2009 Parnassus Productions Inc. All Rights Reserved)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける