ニュース

ペネロペ・クルス主演、ペドロ・アルモドバル監督最新作『抱擁のかけら』

『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉 』の女性讃歌3部作で知られるペドロ・アルモドバル監督の最新作『抱擁のかけら』が、2010年正月第2弾として公開される。

14年前に起きた凄惨な事故で視覚を同時に失った主人公の男性・ハリー。彼らは映画監督時代に名乗っていた本名のマテオ・ブランコと、現在の執筆業のペンネームであるハリー・ケインの2つの名前をもっていた。そして事故の後、映画監督マテオである自分を捨て、人生をかけて愛した女性レナのことも封印していた。

ある夜、昔なじみで彼の世話人を勤めるジュディットの息子が、事故にあってしまう。病室で看病に務めたハリーは、まるでおとぎ話のように自らの過去を語りはじめる。彼の口から紡がれたのは、嫉妬と欲望に翻弄され、愛に狂った男女の切なくも激しい愛の物語だった。

ハリー役を『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール、そしてレナ役を演じるペネロペ・クルスによる圧倒的な演技を得て、甘く美しい過去と無残に破壊された今、そして鮮やかに再生する未来を描いた愛の物語に仕上がっている。

『抱擁のかけら』

2010年正月第二弾新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
キャスト:
ペネロペ・クルス
ルイス・オマール
ブランカ・ポルティージョ
配給:松竹

(画像:©Juan Gatti El Deseo)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開