ニュース

フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースが死去、100歳

フランスの社会人類学者・思想家のクロード・レヴィ=ストロースが、10月30日に死去した。享年100歳。親族による密葬後、関係者がAFP通信に語ったという。死因は明らかにされていない。

クロード・レヴィ=ストロースは1908年にベルギーで生まれ、コレージュ・ド・フランスの社会人類学講座を1984年まで担当。アメリカ先住民をはじめ数多くの民族を研究、現代思想のひとつである「構造主義」の祖と呼ばれていた。

昨年の11月28日に迎えた100歳の誕生日では、フランスで行われた記念行事とあわせ、政府からフランスで活動する人文社会科学者を対象とする「レヴィ=ストロース賞」の創設が発表されていた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)