ニュース

吉田修一の長編小説『悪人』を『フラガール』の李相日が映画化、妻夫木が犯罪者に

作家・吉田修一の長編小説『悪人』が、映画化されることが発表された。監督は『フラガール』『69 sixty nine』を手がけた李相日。

『悪人』は2006年から朝日新聞で連載され、第34回大佛次郎賞と第61回毎日出版文化賞を受賞。2008年度の本屋大賞にもノミネートされている。

主人公の土木作業員・清水祐一は、保険外交員女性・石橋佳乃を殺害し、別の女性・馬込光代と共に逃避行に及ぶ。加害者や被害者、それぞれの関係者を巻き込んだ群像劇は、事件の詳細が明らかになるにつれて、純愛劇に姿を変えていく。

主人公の孤独な殺人者・清水を妻夫木聡、共に逃げるヒロインの光代を深津絵里が演じる。さらに脚本を原作の吉田が手がけることも明らかになっており、世界観の忠実な再現に期待が募る。

公開は2010年秋を予定。

『悪人』

2010年秋全国東宝系ロードショー
監督:李相日
原作:吉田修一
脚本:吉田修一、李相日
音楽:久石譲
キャスト:
妻夫木聡
深津絵里

配給:東宝

(画像:吉田修一『悪人』朝日新聞社発行)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」