解体前のフランス大使館旧庁舎に若手作家が集結、展覧会『DANDANS at No Mans Land』

20代から30代の若手アーティストを中心としたグループ「団・DANS」主催の展覧会『DANDANS at No Mans Land』が、1月21日から1月31日までフランス大使館旧庁舎で開催される。

「団・DANS」は、現代アートの面白さや楽しさを知ってもらうことを目的にこれまでに5回の展覧会を開催。延べ150名近くの若手作家が出品してきた。今回の会場となるのは、解体が決定しているフランス大使館旧庁舎。1957年にジョゼフ・ベルモンが設計した歴史的な建築物を、一般人が見学できる最初で最後の貴重な機会となる。

タイトル『DANDANS at No Mans Land』とは、フランスから日本に返還される直前の誰の所有でもない土地、領土の所有権さえ定かではない地帯を意味する。期間中は、越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭2009参加の武藤亜希子の参加型プロジェクトや、岡本太郎賞受賞の佐藤雅晴のアニメーションなど多岐に渡る作品が、事務室、資料室、階段、中庭など、約40の様々な空間に展示される。

団・DANS 第6回展覧会
『DANDANS at No Mans Land』

2010年1月21日(木)~1月31日(日)
会場:フランス大使館旧事務所棟1F、2F、3F(東京・南麻布)
時間:木・日10:00~18:00、金・土10:00~22:00(最終日は16:00まで)

出展作家:
伊佐治雄吾
石黒芙美代
石元靖大
梅木隆
海野良太
江口暢彌
大垣美穂子
岡林まゆみ
翁拓史
小笹彰子
小原愛
加藤広士
北川純
沓名美和
黒沼真由美
小林雅子
駒井翔平
佐藤雅晴
佐藤百合子
嶋田嘉昭
高畠依子
土屋紳一
藤堂良門
富島修司
中澤小智子
中田ナオト
野口一将
野口二朗
蓮実真理子
藤井志帆
太湯雅晴
前田真治
松元久子
武藤亜希子
盛田文吾
山田啓貴

料金:無料
休館日:1月25日(月)、26日(火)、27日(水)

(画像上から:大垣美穂子、土屋紳一、小笹彰子、北川純)

  • HOME
  • Art,Design
  • 解体前のフランス大使館旧庁舎に若手作家が集結、展覧会『DANDANS at No Mans Land』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて