現代絵画の巨匠ゲルハルト・リヒターの新作展、国内個展は4年ぶりの開催

ゲルハルト・リヒターの展覧会『New Overpainted Photographs』が、2月5日より東京・初台のワコウ・ワークス・オブ・アートにて開催される。

現代絵画の巨匠として世界的に高い評価を得ているケルン在住のアーティスト、ゲルハルト・リヒター。これまでに白黒の写真を元に描いた絵画「フォト・ペインティング」、色見本のような幾何学的な絵画「カラーチャート」、ロマンティックな風景画や静物画、大胆なモノクロームの「グレイ・ペインティング」、カラフルな抽象絵画「アブストラクト・ペインティング」、ガラスを用いた作品など、多様なスタイルを同時期に平行させながら、一貫して「絵画の可能性」を追求し続けてきた。近年では、世界遺産「ケルン大聖堂」の大規模なステンドグラスを手掛けるなど、更なる活躍の場を広げている。

日本国内において4年ぶり8度目の個展となる同展では、多様なスタイルで制作を続けるリヒターの重要な作品群とされる「オーバーペインテッド・フォトグラフ」の新作約30点を展示する。また、リヒター研究の第一人者でもあるベンジャミン・ブクロー(美術史家/評論家)によるアトラス論、日本でのゲルハルト・リヒター回顧展を企 画担当した林寿美(川村記念美術館)によるリヒター論、初邦訳を含むリヒター本人の日記やインタビューを収録したテキストシリーズ第1弾の刊行を予定している。

ゲルハルト・リヒター
『New Overpainted Photographs』

2010年2月5日(金)~3月6日(土)
会場:ワコウ・ワークス・オブ・アート
時間:11:00~19:00
休廊日:日曜、月曜、祝日

(画像:《15.3.08》2008 Lacquer on photograph 10x15cm © Gerhard Richter Courtesy of Wako Works of Art)

  • HOME
  • Art,Design
  • 現代絵画の巨匠ゲルハルト・リヒターの新作展、国内個展は4年ぶりの開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて