康本雅子とオオルタイチによる一夜限りの共演が再び、今度は入場無料

ダンサー・康本雅子と音楽家・オオルタイチによる入場無料のパフォーマンス公演『☆我苦我苦悶々☆』が、3月27日に国立新美術館1Fアトリウムで行われる。

康本は、コンテンポラリーダンス界で大きな注目を集めている振付家・ダンサー。ダンス公演のみならず、演劇、音楽、映像、ファッション界等、多岐に渡るジャンルにおいて活動している。2人は昨年9月に那須で開催された芸術祭『SPECTACLE IN THE FARM』で一夜限り共演を遂げており、今回の公演は待望の再演となる。

なお、同イベントは3月27日、28日の2日間開催されるアートイベント『六本木アートナイト2010』内のプログラムとして行われるもの。イベント当日は国立新美術館の開館時間が延長されるほか、周辺の参加施設でも多数の関連イベントが予定されているので、詳細は『六本木アートナイト2010』のオフィシャルウェブサイトからチェックしてみよう。

康本雅子×オオルタイチ スペシャルパフォーマンス
『☆我苦我苦悶々☆』

2010年3月27日(土)18:00~18:30(予定)
会場:国立新美術館1F アトリウム

出演:
康本雅子(ダンサー・振付家)
オオルタイチ(音楽家)

料金:無料

(画像上:康本雅子(撮影:大沼茂一)、画像下:オオルタイチ)

  • HOME
  • Stage
  • 康本雅子とオオルタイチによる一夜限りの共演が再び、今度は入場無料

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて