二日酔いで陥った最低最悪な24時間、全米コメディ映画歴代興収1位『ハングオーバー!』

全米コメディ映画史上歴代興収1位を記録した大ヒット映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』が、7月3日からシネセゾン渋谷をはじめ全国で公開される。

結婚式を2日後に控えた新郎のダグは独身最後の夜を満喫するため、悪友のフィル、スチュ、義弟のアランと共にラスベガスへと向かった。高級ホテルのスウィートでしこたま酒を飲んで騒ぎ倒し、男だけの一夜を満喫した翌日、目を覚ますとダグの姿は消え、かわりにいたのは一頭の虎と謎の赤ん坊。とんでもない証拠品だけを頼りに、残された男たちは必死の捜索を開始する。

同作は口コミから話題を呼び、先述の歴代興収1位の他にも本年度のゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞。また『ターミネーター4』や『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を抜き去り、2009年の全米興収ランキングでも6位を獲得したメガヒット作だ。二日酔いで記憶をなくした男たちは、消えた花婿を無事探し出せるのだろうか。

『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

2010年7月3日よりシネセゾン渋谷ほか全国ロードショー

監督:トッド・フィリップス
キャスト:
ブラッドリー・クーパー
エド・ヘルムズ
ザック・ガリフィアナキス
ヘザー・グラハム
ジャスティン・バーサ
配給:ワーナー・ブラザース映画

(画像:©2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 二日酔いで陥った最低最悪な24時間、全米コメディ映画歴代興収1位『ハングオーバー!』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて