ダンスによる対話の可能性を探る『dancetoday 2010』、KENTARO!!新作に康本雅子参加

彩の国さいたま芸術劇場がおくる「dancetoday」シリーズの第2弾『dancetoday 2010』が、9月3日から5日までの3日間にわたり開催される。

unit-Cyan(金森穣、井関佐和子)、廣田あつ子×中村恩恵、C/Ompany(大植真太郎、柳本雅寛、平原慎太郎)が出演した昨年に引き続き、今年もまたダンスによるコミュニケーション、身体による対話の可能性を探ることがコンセプトだ。

今回の出演者は2組。ヒップホップのテクニックをベースにした自由な発想の「ダンス」を創作し、注目を集めるKENTARO!!が新作デュオで『「」の中』を披露する。共演に康本雅子を迎え、「踊る」ことの強さや面白さに改めて迫る新境地に挑戦する。

対するは、世界中の名だたる振付家達からその才能を認められている伊藤郁女による『Island of No Memories―記憶のない島』。2009年にフランスの振付コンクール「(ル)コネッセンス」で1位を受賞した作品を、オリジナルメンバーのミルカ・プロケソバに加え、山崎広太を迎えたリニューアル版として上演する。

チケットは、埼玉県芸術文化振興財団のオフィシャルサイトから購入が可能だ。なお、CINRA.NETではKENTARO!!と康本雅子の対談を掲載中。こちらも是非チェックしてほしい。

『dancetoday 2010』

2010年9月3日(金)~9月5日(日)
会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

『Island of No Memories―記憶のない島』

振付・演出:伊藤郁女
出演:
伊藤郁女
ミルカ・プロケソバ
山崎広太

『「」の中』

振付・演出:KENTARO!!
出演:
康本雅子
KENTARO!!

料金:一般3,500円

(画像上:KENTARO!!(撮影:片岡陽太)、画像下:康本雅子(撮影:横田徹))

  • HOME
  • Stage
  • ダンスによる対話の可能性を探る『dancetoday 2010』、KENTARO!!新作に康本雅子参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて