『瀬戸内国際芸術祭』会場で火災が発生、大岩オスカールの作品『大岩島』が焼失

瀬戸内海の7つの島々など舞台にした現代アートイベント『瀬戸内国際芸術祭』の会場となっていた香川・男木島で9月26日に火災が発生し、大岩オスカールの作品『大岩島』が焼失していたことがわかった。

出火元は男木島の鉄工所付近と見られており、この火災で『大岩島』が展示されていた建物を含む木造住宅4棟が全焼したほか、井村隆の作品『カラクリン』も一部が炎上したという。また、鉄工所の焼け跡から男性1名の遺体が見つかった。

『瀬戸内国際芸術祭』の総合ディレクターを務める北川フラムは、同芸術祭の公式ブログでコメントを発表しているほか、大岩オスカール自身も火災と作品についてコメントを寄せている。

火事の影響で男木島では27日の作品公開が中止されていたが、明日28日からは『大岩島』と『カラクリン』を除く全作品の公開を再開する。

  • HOME
  • Art,Design
  • 『瀬戸内国際芸術祭』会場で火災が発生、大岩オスカールの作品『大岩島』が焼失

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて