ニュース

I AM ROBOT AND PROUDコラボアルバムにトクマル、OORUTAICHI参加、来日ツアーも

I AM ROBOT AND PROUDが、コラボレーションアルバム『UPHILL CITY REMIXES & COLLABORATIONS』を3月17日にリリースすることが発表された。さらに、同アルバムのリリースを記念した来日ツアーが明らかになった。

I AM ROBOT AND PROUDは、トロントで活動する中国系カナダ人ショウハン・リームによる1人ユニット。温かみのあるポップなエレクトロニクスサウンドで人気を博しているおり、2008年にはRADICAL FACE、group_inouらも参加した来日ツアーを開催したほか、『朝霧JAM』への出演も果たしている。

『UPHILL CITY REMIXES & COLLABORATIONS』は、2008年にリリースしたアルバム『UPHILL CITY』の楽曲をトクマルシューゴ、オオルタイチ、Watchmanなどさまざまなゲストミュージシャンがリミックスした豪華なアルバム。また、miyauchi yuriをフィーチャーした新曲2曲も収録。なお、この新曲は合計3バージョンが収められている。

さらに4月9日からは4都市をまわる来日ツアーが開催される。各公演には、ウリチパン郡、audiosafari、d.v.d、lullatoneらの競演が決定。全ての公演がドラムも含めたバンドセットとなるため、ライブならではのパフォーマンスに期待が募る。チケットの一般発売は2月13日からスタートする。

I AM ROBOT AND PROUD
『UPHILL CITY REMIXES & COLLABORATIONS』

2010年3月17日発売
価格:2,000円(税込)
YOUTH-094

1. The Everything Machine, Pt. 1
2. Making a Case for Magic(Oorutaichi remix)
3. Train Station Lullaby(Lullatone remix)
4. Island Life(.Tape. remix)
5. 401 Circuit(Shugo Tokumaru remix)
6. The Build
7. Storm of Century(Watchman remix)
8. Something to Write Home About(Montag remix)
9. The Everything Machine, Pt 2

amazonで購入する

& records presents
『I AM ROBOT AND PROUD Japan Tour 2010』

2010年4月9日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:渋谷 duo music exchange
出演:
I AM ROBOT AND PROUD(band set)
d.v.d
miyauchi yuri
料金:前売3,800円 当日4,100円
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:349-153)
ローソンチケット(Lコード:78695)
e+
渋谷 duo music exchange店頭

2010年4月11日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:京都 Club Metro
出演:
I AM ROBOT AND PROUD(band set)
audiosafari
OUTATBERO
料金:前売3,000円 当日3,500円
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:349-730)
ローソンチケット(Lコード:56650)
京都 Club Metro店頭

2010年4月12日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:名古屋 得三
出演:
I AM ROBOT AND PROUD(band set)
lullatone
料金:前売3,500円 当日4,000円
チケットぴあ
名古屋 得三店頭

2010年4月13日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪 鰻谷sunsui
出演:
I AM ROBOT AND PROUD(band set)
ウリチパン郡
料金:前売3,500円 当日4,000円
チケット取り扱い:
ローソンチケット(Lコード:56021)
e+
鰻谷sunsui店頭
sunsuimart(ウェブ予約)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開