ニュース

早稲田文学主催イベント、内沼晋太郎と西田亮介が語るメディアの未来

文芸誌『早稲田文学』を発行する早稲田文学編集室が今年2月に創刊した『早稲田文学増刊U30』。同書の刊行を記念したトークイベント『2010年代、メディアの希望―出版の外側で(ときどき内側で)。』が、2月20日にTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催される。

『早稲田文学増刊U30』は、名前のとおり30歳以下の小説・批評の書き手を集めた新雑誌。表紙のイラストをマンガ家の今日マチ子が手がけるほか、福嶋亮大や伊藤亜紗、坂上秋成などの批評家による論考や、小林里々子、入間人間らによる短篇競作などが掲載されている。

トークイベントには、同誌に寄稿したブックコーディネーターの内沼晋太郎(numabooks)と、クラウドソーシングを用いた新媒体『.review』を立ち上げた地域活性化研究者の西田亮介が出演。若者だからこそできるメディア作りについて語る。

出版不況や電子書籍の流れに直面し、出版業界の再編が叫ばれる中で、職業として出版に携わる人はもちろん、紙・ウェブを問わずインディペンデントで媒体作りを行っている人にも役立つ内容となる予定だ。

『2010年代、メディアの希望―出版の外側で(ときどき内側で)。』

2010年2月20日(土)17:00~18:30
会場:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 1Fカフェスペース
出演:
内沼晋太郎
西田亮介
料金:入場無料(予約不要)

『早稲田文学増刊U30』

2010年2月3日発売
価格:980円(税込)
発行:早稲田文学会

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー