ニュース

Ngatariからニューアルバム、4月にはaus、Ametsub、miroqueら共演ライブも

天使のような歌声をもつジェシカと、コンポーザー兼ピアニスト須山真怜によるユニット「Ngatari(ガタリ)」。彼らのアルバム『Nebular for Thirteen』がPROGRESSIVE FOrMから発売中だ。

壊れそうなほど繊細な歌声で「和製ビョーク」としても評されるジェシカは、自身の作品のほか、mono、World's End Girlfriend、Joseph Nothingをはじめ多くのアーティストと共作を行っているボーカリスト。対する須山は、イタリアで演奏活動をスタート後、帰国してからはアーティストのサポートや舞台、ギャラリーなどの音響製作を中心に手がけている。ガタリは2007年の結成後、都内を中心にヨーロッパでのイブやコンテンポラリーダンサーとの共演など様々なステージに活動の場を広げている。

『Nebular for Thirteen』には、彼らのオリジナルナンバーのほか、MASSIVE ATTACKの楽曲“Teardrop”や、細野晴臣がカバーしたことでも知られるhoagy carmichael“Hong Kong Blues”のカバーなど全13曲を収録。ジャケットのアートワークは、イラストレーターの秋山花が手がけた。

なお、4月18日には、PROGRESSIVE FOrM主催のライブイベント『New Sounds of Tokyo Vol.4』に出演が決定。共演には、aus、Akira Kosemura、Ametsub(DJセット)、miroque、Nanofingersが名を連ねている。


CINRA.NETでは、4月18日に開催される『New Sounds of Tokyo Vol.4』に3組6名様をご招待いたします!
お問い合わせページのメールフォームより、件名を「New Sounds of Tokyo Vol.4参加希望」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前をお書き添えの上、お送りください。当選の発表は、当選者様のみ3月16日までにご連絡いたします。チケット代金はかかりませんが、入場時にドリンク代を頂きますので、予めご了承くださいませ(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年3月14日)

Ngatari
『Nebular for Thirteen』

2010年2月17日発売
価格:2,100円(税込)
XECD-1126

1. 猫
2. Blue Nude
3. 流木のために
4. Laugh and Enough
5. June Theater
6. 小舟
7. Teardrop
8. Linus
9. しじまのふ
10. 遠い手紙
11. Hong Kong Blues
12. 鷺は翔ぶ
13. 傍 Der kuβ

amazonで購入する

PROGRESSIVE FOrM presents
『New Sounds of Tokyo Vol.4』

2010年4月18日(日)OPEN / START 16:30
会場:EATS and MEETS Cay(東京・青山)

出演:
Akira Kosemura(schole records)
Ametsub -dj set-(PROGRESSIVE FOrM/nothings66)
aus(flau)
miroque(twinkle/HEADZ)
Nanofingers(Liquid note records)
Ngatari(PROGRESSIVE FOrM)

料金:前売2,300円 当日2,800円(1ドリンク別)

(画像上から:NGATARI、NGATARI『New Sounds of Tokyo Vol.4』、aus、Akira Kosemura、Ametsub)

NGATARI
NGATARI
NGATARI『New Sounds of Tokyo Vol.4』
NGATARI『New Sounds of Tokyo Vol.4』
aus
aus
Akira Kosemura
Akira Kosemura
Ametsub
Ametsub
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける