ニュース

石井裕也が贈る、笑えて泣けて元気になれる人生応援映画『川の底からこんにちは』

第19回ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品『川の底からこんにちは』が、5月1日から渋谷ユーロスペースをはじめ、全国公開される。

同映画の監督は、第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門へも招待され、世界中から高い評価を受けている若手本格派・石井裕也。主演は、沖縄アクターズスクール出身でFolder5のメンバーとしても知られる満島ひかり。映画『食堂かたつむり』やテレビドラマ『ブラッディ・マンデイ シーズン2』に出演するなど、注目度の高い新進女優の1人だ。

満島ひかり演じる主人公・佐和子は、上京して5年経つが、仕事も恋愛もうまく行かず妥協した無気力な毎日を送るOL。父親が病に倒れたことで田舎に帰郷し、緑が深く生い茂る水辺の町にあるしじみ工場の後継ぎを余儀なくされる。工場で働くおばちゃん達はくせ者揃いで、しじみの売り上げも下がる一方。受難の日々が始まろうとしていたが、佐和子はこれまでの妥協した人生に初めて立ち向かうことを決意する。

佐和子を含め、登場人物は自分勝手でわがままに生きてきた人ばかり。その彼らが一生懸命にどん底から這い上がってゆく姿が、明日への希望を与えてくれるだろう。

『川の底からこんにちは』

2010年G.W.渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー
監督・脚本:石井裕也
出演:
満島ひかり
遠藤雅
相原綺羅
志賀廣太郎
岩松了
配給:ユーロスペース+ぴあ

(画像:©PFFパートナーズ2010)

©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
©PFFパートナーズ2010
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)