ニュース

遊園地で遊園地の物語、地元福岡に根付いた作品で知られるギンギラ太陽'sの東京公演

福岡市内で活動を続ける地元密着型劇団・ギンギラ太陽'sの公演『遊園地3兄弟の大冒険』が、東京ドームシティ・シアターGロッソで7月9日から上演される。

人間は一切登場せず、建物や乗り物をはじめとした「モノ」を擬人化することで物語を綴るギンギラ太陽's。役者は1人何役もの役をかぶりモノと衣装を、歌舞伎さながら早変わりで演じる。かぶりモノといってもコントではなく、徹底した地元取材とその情報源に基づいて描かれているのが特徴だ。

物語の主人公は、福岡県北九州市に実際に存在した到津遊園。昭和7年に誕生した老舗の遊園地は、不景気の影響で倒産の危機を迎えていた。戦争も乗り越えながら子供たちを支えてきた到津遊園は、自分が主人公となって伝説の遊園地を目指す冒険の物語の夢を見る。

今回の会場は旧後楽園ゆうえんちの中にある、東京ドームシティアトラクションズの劇場。なお、観客に全員に東京ドームシティのアトラクション1回券がプレゼントされるうれしい特典もついている。「遊園地で遊園地の物語を上演」という街を題材にしたギンギラ太陽'sならではの世界をぜひ楽しんでほしい。

※記事掲載後、主宰・大塚ムネトの健康上の問題により、公演日程が7月に変更になりました。

ギンギラ太陽's×東京ドームシティ
『遊園地3兄弟の大冒険』

2010年7月9日(金)~7月11日(日)
会場:東京ドームシティ シアターGロッソ

出演:
大塚ムネト
立石義江
杉山英美
上田裕子
中村卓二
古賀今日子
中島荘太
林雄大
石丸明裕
新田玄

料金:全席指定5,000円
※アトラクション1回券(最大1,000円分の乗り物まで)を観客全員にプレゼント

(画像中:藤本彦 撮影、画像下:大塚ムネト)

藤本彦 撮影
藤本彦 撮影
大塚ムネト
大塚ムネト
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開