ニュース

快快の新作公演『SHIBAHAMA』は古典落語の名作「芝浜」を独自にアレンジ

快快の新作公演『SHIBAHAMA』が、6月3日から東京・池袋の東京芸術劇場で上演される。

ゼロ年代の若い感性が映えるポップな映像、音楽、美術、ダンスに通じる軽快な身体による演技など、新たなパフォーマンスのスタイルで注目を集める快快。シンガポールでの海外公演や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けているカンパニーだ。

今回の新作公演では、落語の名作「芝浜」をプロットの題材に選出。大金を拾った酒飲みのぐうたら男と心憎い機転をきかせる妻の深き愛という古典的とも言える物語を、客席を取り囲む巨大スクリーンをはじめとした大掛かりな舞台美術や、さまざまなガジェットを駆使するなどの独自の試みで、新世代のライブアートとして昇華させる。

チケットは東京芸術劇場のチケットサービス、快快のオフィシャルサイトから予約が可能。公演日によって金額が異なるほか、学割、リピーター割など割引も豊富だ。また、昼公演後にはイベントも開催されるほか、劇中に登場する日替わりゲストも見どころとなっている。

快快
『SHIBAHAMA』

2010年6月3日(木)~6月13日(日)計14公演
会場:東京芸術劇場 小ホール1

脚本:北川陽子
演出:篠田千明
出演:
天野史朗
大道寺梨乃
加藤和也
千田英史(Rotten Romance)
中林舞
野上絹代
山崎皓司 
北川陽子
篠田千明
佐々木文美
藤谷香子

料金:
初日割引 前売・当日2,000円(6月3日のみ)
6月4日~6月6日 前売3,000円 当日3,300円
6月9日~6月13日 前売3,500円 当日3,800円

(画像上:快快)

快快
快快
『SHIBAHAMA』フライヤー
『SHIBAHAMA』フライヤー
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“SAKURA” Live at EBISU LIQUIDROOM, Tokyo

昨年末に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたjizueのワンマンライブより、アンコール曲“SAKURA”の映像が公開。バンドには、大人には、人の集合体には、いいこともスムーズにいかないこともあるのだと思わされながらも、「それでもjizueなりに前に進んでいく」といった彼らの心が語られたあとに、バンド初期に作られたこの曲が披露された。片木(Pf)の涙と笑顔、男性メンバーの叫びなど、4人の表情にも注目してほしい。4人に引っ張られたストリングス隊も、「こんな激しいストリングスの演奏見たことない」と言いたくなるくらい、感情が溢れ出ている。(矢島)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生