ニュース

快快の新作公演『SHIBAHAMA』は古典落語の名作「芝浜」を独自にアレンジ

快快の新作公演『SHIBAHAMA』が、6月3日から東京・池袋の東京芸術劇場で上演される。

ゼロ年代の若い感性が映えるポップな映像、音楽、美術、ダンスに通じる軽快な身体による演技など、新たなパフォーマンスのスタイルで注目を集める快快。シンガポールでの海外公演や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けているカンパニーだ。

今回の新作公演では、落語の名作「芝浜」をプロットの題材に選出。大金を拾った酒飲みのぐうたら男と心憎い機転をきかせる妻の深き愛という古典的とも言える物語を、客席を取り囲む巨大スクリーンをはじめとした大掛かりな舞台美術や、さまざまなガジェットを駆使するなどの独自の試みで、新世代のライブアートとして昇華させる。

チケットは東京芸術劇場のチケットサービス、快快のオフィシャルサイトから予約が可能。公演日によって金額が異なるほか、学割、リピーター割など割引も豊富だ。また、昼公演後にはイベントも開催されるほか、劇中に登場する日替わりゲストも見どころとなっている。

快快
『SHIBAHAMA』

2010年6月3日(木)~6月13日(日)計14公演
会場:東京芸術劇場 小ホール1

脚本:北川陽子
演出:篠田千明
出演:
天野史朗
大道寺梨乃
加藤和也
千田英史(Rotten Romance)
中林舞
野上絹代
山崎皓司 
北川陽子
篠田千明
佐々木文美
藤谷香子

料金:
初日割引 前売・当日2,000円(6月3日のみ)
6月4日~6月6日 前売3,000円 当日3,300円
6月9日~6月13日 前売3,500円 当日3,800円

(画像上:快快)

快快
快快
『SHIBAHAMA』フライヤー
『SHIBAHAMA』フライヤー
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像