ニュース

ペプシネックスCMでPerfume、クロマニヨンズ、ポルノグラフィティが洋楽カバー

6月12日からオンエアされるサントリー食品「ペプシネックス」のテレビCM第2弾にザ・クロマニヨンズ、ポルノグラフィティ、Perfumeが登場する。

3月にオンエアされた第1弾CMでは、コブクロ、L'Arc-en-Ciel、倖田來未が出演。「LOVE! PEPSI NEX」をテーマに、各アーティストが洋楽曲をカバーしたのも記憶に新しい。

今回がテレビCM初登場となるザ・クロマニヨンズは、Ramonesの“Blitzkrieg Bop(電撃バップ)”をカバー。選曲の理由について甲本ヒロトは「ラモーンズの電撃バップは誰でも出来る簡単な曲だからです。」とコメント。また桐田勝治は「やっぱり飲むシーンですよね。美味しいものなんですけれど、美味しく飲んでくれって言われてどうしたら良いか解んなくなりましたね。でも楽しかったです!」撮影に苦労した点を語っている。

光と水をテーマに夏をイメージさせる特殊ステージで撮影したポルノグラフィティは、T.Rex“Get It On”を熱唱。岡野は撮影について「なんせミュージシャン11年やってきて、なかなか飲みカットをやるということが無かったので役者さんって大変だなっていうことが良く解りました。」と新たな発見について話す。

そしてPerfumeはThe Cardigansの“Lovefool”をカバー。ライブ後にはペプシネックスを必ず飲むというあーちゃんをはじめ、3本の巨大なペプシネックスのボトルとともに3人でパフォーマンスを披露。CMでは3人の息がそろった決めゼリフ「やっぱり、これが好き。」を聞くことができる。

なお、演出はCorneliusのミュージックビデオなどを手がける辻川幸一郎が担当。ペプシのオフィシャルサイトではオンエアに先駆けて、テレビCMの15秒バージョン、30秒バージョンとスペシャルインタビューも公開中だ。

perfume
perfume
ザ・クロマニヨンズ
ザ・クロマニヨンズ
ポルノグラフィティ
ポルノグラフィティ
perfume
perfume
ザ・クロマニヨンズ
ザ・クロマニヨンズ
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告