ニュース

日本の自然知覚力を考える3人のインスタレーション『ネイチャー・センス展』、森美術館で開催

日本の自然観を改めて見つめ直す『ネイチャー・センス展:吉岡徳仁、篠田太郎、栗林 隆』が、東京・六本木の森美術館で7月24日から開催される。

『万葉集』や『源氏物語』の時代から日本文化の一部であり、美術や工芸、建築においてもその存在は頻繁かつ多様に作品へ取り込まれてきた「自然」。本展では、国際的に活躍するクリエイターの吉岡徳仁、アーティストの篠田太郎、栗林隆の3名を迎え、自然現象や自然環境に対する原初的な知覚力を喚起する新作インスタレーションを紹介。空間を大胆に使ったインスタレーションでは、鑑賞者が作品を体感し、自然を感覚的に知覚(ネイチャー・センス)してきた日本人の伝統的な感性を再考する。

地球環境問題へのグローバルな対応が求められる現代において、「自然」の関係性を現代アートやデザインを通して考えることは、美術における日本や東アジアの文化的固有性の再考にもつながり、「日本を再定義する」ためのひとつの視点も提示してくれるかもしれない。

『ネイチャー・センス展:吉岡徳仁、篠田太郎、栗林 隆』

2010年7月24日(土)~11月7日(日)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(ただし11月2日は22:00まで、いずれも入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:会期中無休
入館料:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円

(画像上:栗林 隆 《沼地》2008 ミクスト・メディア 349×569×415cm 制作風景:十和田市現代美術館、2008年 Photo: Nakajima Kazumi、画像中:吉岡徳仁 《スノー》 2010(1997~)、画像下:篠田太郎 《残響》 2010 ヴィデオ(11分))

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開