ニュース

文豪・トルストイ、彼の死の謎と愛の難しさを描く映画『終着駅−トルストイ最後の旅−』

今年没後100年を迎えたロシアの文豪レフ・トルストイの死の謎に迫る映画『終着駅−トルストイ最後の旅−』が、今秋公開される。

『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』などで知られるロシアの文豪レフ・トルストイ。彼は晩年、財産分与などで妻ソフィヤとトルストイ信奉者たちが溝を深めていくことに悩まされ、82歳にして突然家出し、小さな駅で最期を遂げる。

本作は、トルストイが48年間連れ添った妻ソフィヤとの稀有な愛、そして理想主義的な若き秘書ワレンチンとトルストイの教えに心酔する無神論者の教師マーシャとの間に芽生えつつある愛、対照的な2つの愛の物語を核に描かれる。

監督・脚本は、『素晴らしき日』『ソープディッシュ』『恋の闇 愛の光』などのマイケル・ホフマン。キャストは、妻ソフィヤ役をヘレン・ミレン、トルストイ役をクリストファー・プラマー 、トルストイの秘書ワレンチン役をジェームズ・マカヴォイ 、ワレンチンが愛するマーシャ役をケリー・コンドンが起用された。

自然の美しいドイツのザクセン=アンハルト、ザクソニー、チューリンゲン、ブランデンブルクを舞台に、文豪トルストイを描く映画ではなく、愛の難しさを描いた映画であることに注目してほしい。

『終着駅−トルストイ最後の旅−』

2010年秋、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国順次公開
脚本・監督:マイケル・ホフマン
キャスト:
ヘレン・ミレン
クリストファー・プラマー
ジェームズ・マカヴォイ
ポール・ジアマッティ
アンヌ=マリー・ダフ
ケリー・コンドン
ジョン・セッションズ
パトリック・ケネディ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開