ニュース

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2010』のパフォーミング・アーツ部門詳細が明らかに

8月21日から10月31日に開催される都市の祝祭をテーマにしたイベント『あいちトリエンナーレ2010』。同イベント内で舞台公演を中心に行われるパフォーミング・アーツ部門の詳細が明らかとなった。

『あいちトリエンナーレ2010』は、新しいアートの動向を愛知から世界へと発信することをテーマとした3年に一度の国際芸術祭。今回が第1回目となる同イベントでは、国内外約90組のアーティストが参加する現代美術から、先鋭的な表現を追求するダンスや演劇等のパフォーミング・アーツやオペラなどの舞台公演、実験映像など、世界最先端の現代アートを紹介。街がまるごとアート空間となり、公募による地元芸術文化団体等と連携した公演等も行われる。

パフォーミング・アーツ部門では、世界から日本初来日アーティストを含む約20組のアーティストが参加し、ジャンルを超えて複合的かつ最先端の公演を行う。そのほとんどが世界初演、あるいは日本初演で、アーティストがこれまでのキャリアを超えた新境地となる舞台を展開する予定だ。

オペラ劇場で最先端のアートに触れることのできるアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルによる『3Abschied ドライアップシート(3つの別れ)』や平田オリザと天才ロボット学者石黒浩共同製作によるロボット演劇『森の奥』、過激な作風は影を潜めたヤン・ファーブルによる「愛と死」のメッセージを女性に向けた『Another Sleepy Dusty Delta Day ~またもけだるい灰色のデルタデー』など新たな舞台芸術を堪能することができる。また、今回が初来日となる肉体派デュオ、デルガド・フッシュ」によるパフォーマンスも要チェックだ。

さらに、ギャラリースペースや屋外などでのサイトスペシフィックなパフォーマンスでも、国内外のカッティング・エッジなアーティストが集結。詳細はウェブサイトで随時更新されていくので、劇場公演とあわせてお気に入りの鑑賞コースを見つけてほしい。

『あいちトリエンナーレ2010』

2010年 8月21日(土)~10月31日(日)
会場:
愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
長者町会場
納屋橋会場
※その他、広小路通等のオフィス街や商店街など会場周辺の都市空間で展開するほか、様々な文化芸術施設等と連携予定
テーマ:都市の祝祭 Arts and Cities

パフォーミング・アーツ部門(劇場公演)

2010年8月21日(土)~10月31日(日)
会場:愛知芸術文化センター 大ホール(全席指定)・小ホール(全席自由)

Anne Teresa De Keersmaeker + Jérôme Bel + Ictus
(アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル + ジェローム・ベル + アンサンブル・イクトゥス)
『3Abschied ドライアップシート(3つの別れ)』

2010年10月30日(土)、10月31日(日)
会場:愛知芸術文化センター大ホール

平田オリザ + 石黒浩研究室(大阪大学)
ロボット版『森の奥』

2010年8月21日(土)~8月24日(火)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

Delgado Fuchs(デルガド・フッシュ)
『桃色のズボンと赤いヌバックの先の尖ったハイヒールをはいて、
襟ぐりが緩んだセーターの上に着た空色のウールのロングコート』

2010年9月3日(金)~9月4日(土)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

梅田宏明
『Adapting for Distortion/Haptic』

2010年9月11日(土)、9月12日(日)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

Jan Fabre(ヤン・ファーブル)
『Another Sleepy Dusty Delta Day ~またもけだるい灰色のデルタデー』

2010年9月18日(土)~20日(月・祝)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

チェルフィッチュ
『わたしたちは無傷な別人である』

2010年9月24日(金)~9月26日(日)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

ニブロール
『THIS IS WEATHER NEWS』

2010年10月22日(金)~10月24日(日)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

Rosas(ローザス)
『ローザス・ダンス・ローザス Rosas danst Rosas』

2010年10月26日(火)~10月28日(木)
会場:愛知芸術文化センター小ホール

(画像上から:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス/『3Abschiied ドライアップシート(3つの別れ)』©Herman Sorgeloos、ヤン・ファーブル/『Another Sleepy Dusty Delta Day ~またもけだるい灰色のデルタデー』©Christophe Raynaud de Lage、平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学)/ロボット演劇プロジェクト『森の奥』/提供:(株)イーガー、デルガド・フッシュ/『桃色のズボンと赤いヌバックの先の尖ったハイヒールをはいて、襟ぐりが緩んだセーターの上に着た空色のウールのロングコート』©Sophie Ballmer、梅田宏明/『Haptic』©Shin Yamagata)

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス/『3Abschiied ドライアップシート(3つの別れ)』©Herman Sorgeloos
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス/『3Abschiied ドライアップシート(3つの別れ)』©Herman Sorgeloos
ヤン・ファーブル/『Another Sleepy Dusty Delta Day 〜またもけだるい灰色のデルタデー』©Christophe Raynaud de Lage
ヤン・ファーブル/『Another Sleepy Dusty Delta Day 〜またもけだるい灰色のデルタデー』©Christophe Raynaud de Lage
平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学)/ロボット演劇プロジェクト『森の奥』/提供:(株)イーガー
平田オリザ+石黒浩研究室(大阪大学)/ロボット演劇プロジェクト『森の奥』/提供:(株)イーガー
デルガド・フッシュ/『桃色のズボンと赤いヌバックの先の尖ったハイヒールをはいて、襟ぐりが緩んだセーターの上に着た空色のウールのロングコート』©Sophie Ballmer
デルガド・フッシュ/『桃色のズボンと赤いヌバックの先の尖ったハイヒールをはいて、襟ぐりが緩んだセーターの上に着た空色のウールのロングコート』©Sophie Ballmer
梅田宏明/『Haptic』©Shin Yamagata
梅田宏明/『Haptic』©Shin Yamagata
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表