ニュース

京極夏彦のSF小説のアニメ劇場版『ルー=ガルー』が8月公開、音楽はSCANDAL

京極夏彦によるSF小説『ルー=ガルー 忌避すべき狼』を原作にした劇場アニメ『ルー=ガルー』が、8月28日から全国で公開される。

物語の舞台は数十年後の日本。他者との接触のほとんどがモニター上で行われるという現実と仮想の境界があいまいとなった世界で、14歳から15歳の少女のみを狙った連続殺人事件が発生する。他者とのコミュニケーションが希薄な閉鎖された世界へと立ち向かっていく主人公の少女たちの姿を中心に、「美少女」「バトル」「友情」などのアニメやコミックの物語要素を盛り込んだ近未来ミステリー作品として描かれている。

監督は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『お伽草子』などの脚本を手がけたプロダクション I.Gの藤咲淳一。音楽はガールズバンド「SCANDAL」が担当する。なお、SCANDALは劇中にも登場。主人公たちのあこがれのバンドとして演奏シーンをモーションキャプチャーで演じ、声優にもチャレンジしている。

『ルー=ガルー』

2010年8月28日全国ロードショー
監督:藤咲淳一
原作:京極夏彦
脚本:後藤みどり ハラダサヤカ
音楽:SCANDAL
キャスト(声の出演):
沖佳苗
五十嵐裕美
井上麻里奈
沢城みゆき
植竹香菜
青山穣
河本邦弘
平田絵里子
西村知道
佐藤晴男
坂巻学
勝沼紀義
配給:東映

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会