ニュース

ショーン・ペンが主演を務めた家族再生の物語、日本キャストで舞台化

アメリカで話題を呼んだ名作を日本キャストで舞台化した『今は亡きヘンリー・モス』が、8月22日から29日まで赤坂レッドシアターで上演される。

父の死をきっかけに7年ぶりの再会を果たした、兄アールと弟のレイ。真実を知りたがらないアールとは反対に、父の死の真相を暴こうとするレイは様々な人物を追及し、父ヘンリー・モスの最期の数日間と家族の隠された過去を紐解いていく。

一度は崩壊した家族の再生を描いた本作は、サム・シェパード原作の物語だ。2000年にサンフランシスコのマジックシアターで行われた初演では、ショーン・ペンが主演を務め好評を博し、稽古風景を記録したドキュメンタリー映画『This So-Called Disaster』も公開された。

今回はそんな同作を、劇団AUNの実力派俳優・谷田歩と、ミュージカル界の若手スターとして活躍する伊礼彼方を中心に舞台化。演出は日本人として初めてニューヨークの名門演劇学校、アクターズスタジオ大学院演出学科を卒業した新進演出家小川絵梨子が担当する。

『今は亡きヘンリー・モス』

2010年8月22日(日)~8月29日(日)
会場:赤坂レッドシアター

作:サム・シェパード
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:
谷田歩
伊礼彼方
田中壮太郎
福士惠二
久世星佳
中嶋しゅう

料金:6,000円
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:404-274)
ローソンチケット(Lコード:33351)
e+

画像左:伊礼彼方、画像右:谷田歩
画像左:伊礼彼方、画像右:谷田歩
画像左:久世星佳、画像右:中嶋しゅう
画像左:久世星佳、画像右:中嶋しゅう
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開