ニュース

ショーン・ペンが主演を務めた家族再生の物語、日本キャストで舞台化

アメリカで話題を呼んだ名作を日本キャストで舞台化した『今は亡きヘンリー・モス』が、8月22日から29日まで赤坂レッドシアターで上演される。

父の死をきっかけに7年ぶりの再会を果たした、兄アールと弟のレイ。真実を知りたがらないアールとは反対に、父の死の真相を暴こうとするレイは様々な人物を追及し、父ヘンリー・モスの最期の数日間と家族の隠された過去を紐解いていく。

一度は崩壊した家族の再生を描いた本作は、サム・シェパード原作の物語だ。2000年にサンフランシスコのマジックシアターで行われた初演では、ショーン・ペンが主演を務め好評を博し、稽古風景を記録したドキュメンタリー映画『This So-Called Disaster』も公開された。

今回はそんな同作を、劇団AUNの実力派俳優・谷田歩と、ミュージカル界の若手スターとして活躍する伊礼彼方を中心に舞台化。演出は日本人として初めてニューヨークの名門演劇学校、アクターズスタジオ大学院演出学科を卒業した新進演出家小川絵梨子が担当する。

『今は亡きヘンリー・モス』

2010年8月22日(日)~8月29日(日)
会場:赤坂レッドシアター

作:サム・シェパード
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:
谷田歩
伊礼彼方
田中壮太郎
福士惠二
久世星佳
中嶋しゅう

料金:6,000円
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:404-274)
ローソンチケット(Lコード:33351)
e+

画像左:伊礼彼方、画像右:谷田歩
画像左:伊礼彼方、画像右:谷田歩
画像左:久世星佳、画像右:中嶋しゅう
画像左:久世星佳、画像右:中嶋しゅう
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像