ニュース

ウディ・アレン監督の40作品目は、ロマンティックコメディ『人生万歳!』

ウディ・アレンの真骨頂ともいえるロマンティックコメディ映画『人生万歳!』が、2011年正月より全国公開される。

物語の舞台はニューヨークのチャイナタウン。偏屈で人間嫌いの物理学者ボリスは、豊かで優雅な上流階級の暮らしを捨ててボヘミアンな生活をはじめる。そんなある日、ボリスは南部から来た家出娘のメロディと意気投合し、年の差を超えて結婚。メロディを心配した母親もニューヨークにやってくるが、なぜか彼女は写真家としての才能を開花させ、アート色の強いエキセントリックな新たな人生を歩きはじめる。やがてボリスと周囲の人間が巻き起こす行き当たりばったりの人生は、それぞれロマンティックな状況に変化していく。

監督・脚本は、本作が監督作品第40作目となるウディ・アレン。ニューヨークを舞台に映画を撮り続けたアレンが、近年のヨーロッパでの作品群を経てニューヨークに戻ってきた記念すべき作品だ。キャストには、脚本家でコメディアンでもあるラリー・デヴィッドや、『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされたハリウッドの若手女優エヴァン・レイチェル・ウッドらが名を連ねる。

今までのウディ・アレンとは一味違うニューヨークの一面を観せてくれる幸せいっぱいの作品に仕上がっている。

『人生万歳!』

2011年新春第一弾、恵比寿ガーデンシネマ他にて全国順次ロードショー
監督・脚本:ウディ・アレン
キャスト:
ラリー・デヴィッド
エヴァン・レイチェル・ウッド
パトリシア・クラークソン
ほか
配給:アルバトロスフィルム

(画像:©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.)

©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
©2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く