ニュース

シニカルな思考を背景にした表現が光る気鋭作家・足立喜一朗の個展『SOAP/SOAP』

作家・足立喜一朗の個展『SOAP/SOAP』が、恵比寿のNADiff A/P/A/R/Tで9月26日まで開催されている。

2007年に東京都現代美術館で行なわれたグループ展『Space for your future』に出展された電話ボックス型のディスコ「e.e.no.24」で、注目の的となった足立喜一朗。初期に行っていたゲリライベントや、近作のエコやロハスの矛盾をテーマにした様々なシリーズは、いずれも現代社会を独自の視点で捉え、一貫したシニカルな思考とコンセプトを背景に表現されている。

今回発表されるのは、大型の円錐形の立体が組み合わさり、表面がミラーボールのように光を乱反射させる作品。個展タイトルの「SOAP」とは、それぞれ「SymbolOf Absolute Power」(絶対的な力の象徴)と、「Silence or AbsentParty」(静寂、あるいは誰もいない宴)を意味しており、この2種類の「SOAP」の新作がナディッフの1階と地下ギャラリーとに展示される。

また、今回の個展にあわせて、足立喜一朗の作品をまとめたカタログの記念すべき第一号『WORKS:2004−2010』が250部限定で発売中だ。

足立喜一朗『SOAP/SOAP』展

2010年8月28日(土)~9月26日(日)
会場:NADiff A/P/A/R/T(東京・恵比寿)

関連イベント

アーティストトーク

2010年9月17日(金)
時間:19:00~20:30
ゲスト:福住廉

(画像上:SOAP / GRANSCROSS, 2010、画像中:SOAP / CHANDELIER, 2010、画像下:SOAP / TWINCROSS, 2010)

SOAP / GRANSCROSS, 2010
SOAP / GRANSCROSS, 2010
SOAP / CHANDELIER, 2010
SOAP / CHANDELIER, 2010
SOAP / TWINCROSS, 2010
SOAP / TWINCROSS, 2010
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー