ニュース

「白鳥の湖」を現代の事件として大胆アレンジ、冨士山アネットの新作公演『SWAN』

冨士山アネットによる古典の物語を現代の事件として蘇らせた新作公演『SWAN』が、10月21日東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

冨士山アネットは、作・演出・振付の長谷川寧を中心としたユニット。近年は、「ダンス的演劇(テアタータンツ)」という表現に着目し、身体表現を重視した独自の活動を国内外で行っている。

戯曲『ファウスト』をモチーフにした『太陽』に続き、世田谷パブリックシアターとの提携公演第2弾となる今回は、バレエの名作「白鳥の湖」を大胆に解釈。中国で起きた毒餃子事件からヒントを得て、集団という大きな力によって捩じ曲げられてしまう自己をテーマに、古典を現代性溢れる作品へ蘇らせる。

また劇中では、バレエ「白鳥の湖」で使用されているチャイコフスキーの楽曲を、「ar」で活動するフジモトヨシタカが現代風にアレンジ。様々な音楽要素を用いて行われる、サウンド面からの新解釈にも注目だ。

冨士山アネットpresents
『SWAN』

2010年10月21日(木)~10月24日(日)
会場:三軒茶屋シアタートラム

作・演出・振付:長谷川寧
音楽:P.チャイコフスキー、フジモトヨシタカ(ar)
キャスト:
大石丈太郎
石本華江(妄人文明)
大園康司
伊藤麻希
奥山隆(オフィス3○○)
玉井勝教
北川結(モモンガ・コンプレックス)
寺杣彩
伊藤南咲
岡本陽介(開店花火)
KEKE(輝く未来)
政岡由衣子
松之木天辺
村本すみれ(MOKK)
長谷川寧

料金:前売3,000円 当日3,200円 学生2,500円(要学生証提示、前売・当日共)

(画像中:©生井秀樹、画像下:前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹)

©生井秀樹
©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施