ニュース

リアルとバーチャルの間から新しい感覚を導き出す、名和晃平個展『Synthesis』

国内外で高い評価を受ける現代アート作家の名和晃平による個展『synthesis』が、東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSEで本日9月24日から開催される。

今年は『釜山ビエンナーレ』への出展、『バングラディシュビエンナーレ』に日本代表作家として参加するほか、KDDIの携帯電話iidaのArt Editionsとして携帯のコンセプトモデルを発表するなど活躍が目覚ましい名和。京都伏見区に旧サンドイッチ工場を改装した創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げ、自身の作品制作のほか、様々なジャンルのクリエイターが集ってプロジェクトが進行するスタジオを運営するなど、幅広く活動している。

名和の作品には、ビーズやプリズム、シリコーンオイル、発泡ポリウレタン、グルーなど様々な素材が用いられており、それぞれの作品は、「BEADS」「PRISM」「LIQUID」「SCUM」「GLUE」といった素材に紐づいたカテゴリーに分類されている。

化学用語で「合成」を意味する「Synthesis」をタイトルとする同展は、ビーズシリーズの作品の新たな展開とドローイングインスタレーションで構成。新作では、コンピューター画面上で画像をコピー&ペーストして行うイメージの加工を実際の彫刻で試みるとのこと。また、インクの滴が集積したドローイングインスタレーションでは、画面を構成するひとつの単位としてのドットが画面に奥行きを生み出し、その映像的な空間は、空間の抽象性、感覚において名和によるさまざまなカテゴリー作品の間をつなぐような展示となるだろう。

名和晃平
『synthesis』

2010年9月24日(金)~10月30日(土)
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月、祝日
入場料:無料

(画像:「PixCell-Double Deer」、2010、h.142 x w.78 x d.71 cm、photo by OMOTE Nobutada)

「PixCell-Double Deer」、2010、h.142 x w.78 x d.71 cm、photo by OMOTE Nobutada
「PixCell-Double Deer」、2010、h.142 x w.78 x d.71 cm、photo by OMOTE Nobutada
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年