ニュース

赤瀬川原平が日常の光景の中に見出す独自の視点、写真展『散歩の収獲』

赤瀬川原平の新作写真展『散歩の収獲』が、10月22日から神奈川・横浜市民ギャラリーあざみ野で開催される。

前衛からキャリアをスタートさせ、考現学、超芸術トマソン、路上観察など、常に街を歩きながら社会の観察を原点に活動してきた赤瀬川。同展では、4年間にわたり毎日新聞で連載されていた「散歩の言い訳」の散歩中に赤瀬川が撮りためた写真の中から、選りすぐりの作品を一挙に紹介。日常の光景の中に見出す独自の視点は、まるでガラクタの中から骨董を探し出す行為のようだ。

会期中は、横浜市所蔵の約1万件に及ぶカメラ・コレクションの中から約300点もあわせて展示。カメラコレクターとしても知られ、立体視愛好家でもある赤瀬川が選んだステレオカメラ・写真・ビュワーの特集展示も行われる。赤瀬川をうならせたコレクションにつけられた「ほしぃ印」にも注目だ。10月30日には、イラストレーターの南伸坊を招いたトークショーも開催される。参加には申し込みが必要となるので、詳しくは会場のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

赤瀬川原平写真展
『散歩の収獲』

2010年10月22日(金)~11月7日(日) 休館日10月25日(月)
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1・2
時間:10:00~18:00
料金:一般300円(高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方および同伴者1名は無料)

関連イベント

赤瀬川原平×南伸坊トークイベント

2010年10月30日(土)OPEN 13:30 / START 14:00
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 レクチャールーム
出演:
赤瀬川原平
南伸坊
定員:180名
料金:無料(要申込、10月16日必着)

(画像上:赤瀬川原平 《ジュラ紀の手水鉢》 2008年、画像中:赤瀬川原平 《折れない力》 2006年、画像下:赤瀬川原平 《分母不在》 2009年)

赤瀬川原平 《ジュラ紀の手水鉢》 2008年
赤瀬川原平 《ジュラ紀の手水鉢》 2008年
赤瀬川原平 《折れない力》 2006年
赤瀬川原平 《折れない力》 2006年
赤瀬川原平 《分母不在》 2009年
赤瀬川原平 《分母不在》 2009年
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年