ニュース

不条理でグロテスクなアンチヒーローカルト映画『マクナイーマ』が国内公開へ

半世紀の時を超え、ついに日本初公開を迎えるカルト映画『マクナイーマ(MACUNAIMA)』が、12月上旬よりシアター・イメージフォーラムにて期間限定公開される。

アマゾンの密林で黒人の中年男の姿をした赤子が生まれ、彼は不吉を意味する「マクナイーマ」と名づけられる。あるときマクナイーマは、魔法の泉の水を浴びて美しい白人の青年に変身を遂げ、さっそくアマゾンを抜け出して兄弟たちと出かけた都会で美しい女ゲリラ・シーと出会う。彼女と恋に落ち、金と愛欲の日々に溺れた彼は堕落人間に成り果てるが、幸せな日々もつかの間、絶望的な悲劇が起こる。その先で彼を待ち受けていたのは、奇想天外な珍事奇談の連続だった。

原作は、ブラジル近代文学の金字塔として知られるマリオ・デ・アンドラーデの同名小説。本国ブラジルで大ヒットを収め、フランスでは3年間に及ぶロングランを記録し、今回デジタルリマスター版として生まれ変わった。監督を務めるジョアキン・ペドロ・デ・アンドラーデは、劇映画、ドキュメンタリーの双方で活躍した後、2本の映画化脚本を残し、56歳の若さでガンのため死去したが、2006年にはヴェネチア映画祭にてデジタル復元版による回顧特集が組まれた。

独特のサイケデリックな色彩世界の中、不条理でグロテスクな、そして社会風刺をも盛り込んだアンチヒーローの冒険が繰り広げられる。

『マクナイーマ(MACUNAIMA)』

2010年12月上旬よりシアター・イメージフォーラムにて期間限定ロードショー
製作・監督:ジョアキン・ペドロ・デ・アンドラーデ
原作:マリオ・デ・アンドラーデ
脚本:ギド・コズリッチ
キャスト:
グランデ・オテロ
パウロ・ジョゼ
ディナ・スファト
ミルトン・ゴンサルヴェス
ロドルフォ・アレーナ
ジャルデウ・フィーリョ
ジョアナ・フォム
配給:エスパース・サロウ

(画像:©FILMES DO SERRO)

©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
©FILMES DO SERRO
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像