ニュース

飴屋法水の新作公演『わたしのすがた』は戯曲や舞台のない「脱・演劇的装置」

演出家・現代美術家の飴屋法水の新作公演『わたしのすがた』が、10月30日から11月28日まで約1か月にわたり開催される。

演劇、美術、音響から動物店の経営まで、さまざまなフィールドで活動しながら、一貫して「生命」や「身体」を見つめ続けてきた飴屋法水。1995年のヴェネツィア・ビエンナーレ参加後から休止していた美術活動を2005年から再開しているほか、近年は舞台演出も再び取り組んでおり、現役女子高校生を起用した戯曲『転校生』、イギリスの劇作家サラ・ケインの遺作『4.48サイコシス』(いずれも『フェスティバル/トーキョー』内プログラム)を鮮烈に演出したことでも話題を集めた。

『わたしのすがた』は、舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー10』内のプログラムとして行われるもの。開催場所や公演内容などの詳細は10月30日12:00の発表までベールにつつまれており、現在明らかになっている情報は、戯曲や舞台、俳優もない「脱・演劇的装置」の作成に飴屋が取り組んでいるということのみ。

その場に立ち会う観客だけが知ることができる、謎に包まれた30日間になりそうだ。

『わたしのすがた』

2010年10月30日(土)~ 11月28日(日)
考案:飴屋法水
会場:開催場所未定
入場料・予約方法:『フェスティバル/トーキョー10』ウェブサイトで告知

(画像上:『わたしのすがた』イメージ写真 ©池田晶紀、画像中・下:F/T09秋『4.48 Psychosis』舞台写真 ©石川純)

『わたしのすがた』イメージ写真 ©池田晶紀
『わたしのすがた』イメージ写真 ©池田晶紀
F/T09秋『4.48 Psychosis』舞台写真 ©石川純
F/T09秋『4.48 Psychosis』舞台写真 ©石川純
F/T09秋『4.48 Psychosis』舞台写真 ©石川純
F/T09秋『4.48 Psychosis』舞台写真 ©石川純
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送