ニュース

学術標本と現代アートによるひとつの世界『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』

オーストラリアの若手現代アーティスト、ケイト・ロードによる日本初の展覧会『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』が、東京・文京区の東京大学総合研究博物館小石川分館で11月6日から開催される。

ロードは、学術的・博物学的な背景を持ちながらも、色鮮やかなフェイクファーや樹脂、フラワーペーパーなどを組みあわせ、動植物をモチーフとした彫刻作品や、バロックやロココ調の部屋やジオラマを思い起こさせるインスタレーションを制作するアーティスト。世界でも注目を集め、本国オーストラリアでは美術業界に加え、『VOGUE』や『NYLON』など女性ファッション誌でも紹介されている。

同展では、同館の常設展『驚異の部屋』をベースに、同館所蔵の剥製や鉱物、珊瑚、昆虫、魚類などの学術標本と、それにインスピレーションを得たサイトスペシフィックなロードの新作を織り混ぜたインスタレーションを展開。明治期に旺盛した擬洋風建築(当時の大工が見よう見まねでつくった洋館風の建物)として国の重要文化財にも指定されている同館の中に、カラフルな小部屋「ケイト・ロードの標本室」が出現するほか、館内全体にもロードの小作品や学術標本が散りばめられ、展示空間は歴史と現代が入り混じる重層した世界へと様変わりする。

同館とロードの出会いが作り出す「あるかもしれない世界」(=ファンタスマ)が、博物学・美術の境界を越えて、現代におけるアートとはなにかを問いかけるだろう。

インターメディアテク(IMT)プレイベント小石川分館特別展示
『ファンタスマ――ケイト・ロードの標本室』

2010年11月6日(土)~12月5日(日)
会場:東京都 文京区 東京大学総合研究博物館小石川分館
時間:10:00~16:30(ただし入館は16:00まで)
休館日:月、火曜(11月23日(火・祝)は開館)
入場料:無料

関連イベント

『アーティスト・トーク』

2010年11月6日(土)
時間:14:00~15:00
定員:50名(申込不要、先着順)
※逐次通訳あり

『ワークショップ』

2010年11月28日(日)
時間:14:00~16:00
定員:12名(要申込)

(画像上から:rainbow squirrel,2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring、pink antelope, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring、crystalised menagerie, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring、some kind of empire(展示風景), 2006, ミクストメディア, 撮影 Chris Von Menge、全画像:Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne)

rainbow squirrel,2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
rainbow squirrel,2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
pink antelope, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
pink antelope, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
crystalised menagerie, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
crystalised menagerie, 2009, ミクストメディア, 撮影 Graham Baring Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
some kind of empire(展示風景), 2006, ミクストメディア, 撮影 Chris Von Menge Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
some kind of empire(展示風景), 2006, ミクストメディア, 撮影 Chris Von Menge Kate Rohde, Courtesy of the artist and Karen Woodbury gallery, Melbourne
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年