ニュース

大島渚にも絶賛された魂の詩人、友川カズキに迫るドキュメンタリー

歌手、友川カズキ初のドキュメンタリー『花々の過失』が、12月18日から東京・新宿のK's cinemaにて公開される。

70年代から活動を始めた友川カズキは、歌手、詩人、画家、エッセイストとして様々な表現を行ってきた。無頼詩人のロマンを奇蹟的に体現する姿は、映画監督の大島渚に絶賛されたほか、数多くのアーティストに影響を与え続けている。

同作は、これまでにR.E.M.、Sigur Ros、Animal Collective、二階堂和美など様々なアーティストの撮影を行ってきたヴィンセント・ムーンが友川に密着。1人の日本人から寄せられた「友川カズキという日本のミュージシャンを撮影して欲しい」という熱い思いに答え、ギターを手に旅を続ける友川の2週間を追いかけた。

俳優や競輪ファンとしても知られる友川の日常、そして、60歳を迎えて、新たな地平と向かわんとする音楽の煌めき。多くのミュージシャンから絶賛される感性と色彩で、40年に渡り叫び続ける魂の詩人の本質に迫る。

『花々の過失』

2010年12月18日より新宿 K's cinemaにてロードショー
監督:ヴィンセント・ムーン
キャスト:
友川カズキ
及位鋭門(息子)
大関直樹(マネージャー)
生悦住英夫(PSFレコーズ)
加藤正人(脚本家)
福島泰樹(歌人)
石塚俊明(頭脳警察)
永畑雅人(パスカルズ)
配給:花々の過失製作委員会

(画像:©花々の過失製作委員会)

©花々の過失製作委員会
©花々の過失製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー