ニュース

FMPがスマートフォン用アプリ『NEXUS』を開発、秋のライブイベント続々開催

社団法人音楽制作者連盟(FMP)は、アーティストや会員プロダクション各社の事業支援を目的としたスマートフォン用アプリプラットフォーム『NEXUS』を開発した。

『NEXUS』は、メジャー/インディー問わずデジタル・ソーシャル・ネットワーク時代に対応したビジネスモデルの確立が求められる昨今において、公平性の高いインフラを整備することで、より良い音楽の誕生や音楽文化の活性化に寄与するために製作されたもの。

『NEXUS』によるアプリの製作希望者は、ネット上の専用ウェブサイトを通じ、FMP宛てに申し込みをすれば無料で使用することができる。専用ウェブサイトは11月中旬に利用開始予定で、それ以前はメールなどによる受付で対応する。

各アーティストやプロダクションはNEXUSを使用することで、アーティスト紹介やファンクラブ向けの特別サービス、写真集、アーティストグッズ販売、ファンクラブ向けのチケット販売など、様々な機能を持つスマートフォン用アプリを作成することができる。ストアへの申請作業もFMPが一括で行い、AndroidやWindows Mobile用プラットフォームも順次展開する予定。

アプリの著作権はアーティストもしくは会員プロダクションが保持し、アプリの販売価格の設定に関しては、アーティストもしくは会員プロダクションが無料を含め各自判断する。また、FMPはアプリに関するアーティストや会員に向けた無料のアドバイスやコンサルティングを行うとのこと。

FMPでは本年度中に布袋寅泰、山崎まさよし、L'Arc~en~Ciel、ももいろクローバー、サカナクションといったアーティストのアプリを販売するとしており、今後は英語版等の制作も含め、バックアップを行っていく予定。詳細や申し込み方法についてはFMPのウェブサイトを参照してほしい。

またFMPでは、フリーペーパー『音楽主義!』の制作を行うほか、音楽雑誌『MUSICA』の鹿野淳がオーガナイズするライブイベント『NEXUS』を定期的に開催している。

4回目となった今回は、11月12日から11月14日にかけて新木場STUDIO COASTで、また11月21日は渋谷C.C.Lemonホールにて『NEXUS RESPECTABLE 80's~渋公リターンズ~』と称した出張イベントが行われる。

アコースティック特集や80年代ロックアーティスト特集など、各公演ごとにテーマが設定されているので、秋の夜長に備えてぜひとも下記の詳細をチェックし、会場に足を運んで欲しい。

『NEXUS CROSSOVER 2010』

2010年11月12日(金)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

出演:
AZU
九州男
KG
C&K
SoulJa
DJ KAORI
童子-T
BENI
MAY'S

料金:前売3,500円

『NEXUS ANNEXUS(ALL NIGHT)』

2010年11月12日(金)OPEN / START 23:00
会場:東京都 ageHa@STUDIO COAST

出演:
DJ:
ウエノコウジ(the HIATUS/DAD MOM GOD/RADIO CAROLINE)
片平実(Getting Better)
カトウタロウ
草刈愛美(サカナクション)
KEN ISHII
鹿野淳
SUGIURUMN
ダイノジ
DJ LOVE(世界の終わり)
ハヤシ(POLYSICS)
矢口雅哲(ムック)
山口一郎(サカナクション)
and more
Guest DJ:
DJ JIN (Rhymester)
小宮山雄飛 (ホフディラン)
and more
ライブ:
group_inou
Fear, and Loathing in Las Vegas
料金:前売3,000円 当日3,500円(未成年入場不可)

『NEXUS ロックの階段を昇ろう』

2010年11月13日(土)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

出演:
SION & The Cat Scratch Combo
10-FEET
Pay money To my Pain
and more
料金:前売4,200円 当日4,770円

『NEXUS ACOCORO』

2010年11月14日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

出演:
WEAVER
Salyu
NICO Touches the Walls
大知正紘
長澤知之
Predawn
Rake
山崎まさよし

料金:前売4,200円 当日4,770円

『NEXUS RESPECTABLE 80's~渋公リターンズ~』

2010年11月21日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 渋谷C.C.Lemonホール

司会進行:
スマイリー原島
ちわきまゆみ
出演:
アキマツネオ(マルコシアス・バンプ)
ISSAY(DER ZIBET)
川上次郎(KUSUKUSU)
SHIGE(GEN)
浜崎貴司(FLYING KIDS)
杉本恭一(LA-PPISCH)
田村“SHO-TA”直美(Pearl)
HIKARU(DER ZIBET)
広石武彦(UP-BEAT)
MAGUMI(LA-PPISCH)
水戸華之介(ANGIE)
源 学(GEN)
宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))
森純太(JUN SKY WALKER(S))
森重樹一(ZIGGY)
森若香織(GO-BANG'S)
80's ROCKESTRA(Dr.kyOn[Key]、小田原豊[Dr]、TOKIE[B]、玉城宏志[G])
料金:前売6,000円 当日6,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける