ニュース

理想の芸術のためにゴッホが生涯を通じて探求したもの、『没後120年 ゴッホ展』

約120点もの作品によってゴッホ芸術誕生の謎に迫る『没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった』が、東京・六本木の国立新美術館で12月20日まで開催されている。

今年はフィンセント・ファン・ゴッホが没して120年目にあたり、同展はゴッホ作品の世界最大のコレクションを擁するオランダのファン・ゴッホ美術館と、油彩95点を含む300点ものコレクションで有名なクレラー=ミュラー美術館の全面協力のもと実現した。

ゴッホは生涯を通じて作品の様式や技法を熱心に探求し、理想とする芸術を達成するために、その基礎となる解剖学や遠近法、色彩理論などを学んだ。芸術家として成長する過程で、ラッパルトやモーヴ、ロートレック、シニャック、ゴーギャンなど個人的に親しくなったほかの芸術家たちに加え、フランス・ハルスのような古典的巨匠やドラクロワのような19世紀の著名な画家の技法や考え方を本で読むなど、美術館や公共の場所に展示される作品などを見ることで、多くのことを学んできた。

同展では、ゴッホが自らの様式と技法を発展させる上で参考にした考え方や手段の概略を示し、その過程で影響を受けた同時代の芸術家たちについても考察を試みている。また、ゴッホが読んでいた書籍や、パースペクティヴ・フレームなどの道具や材料も展示され、X線写真や赤外線反射装置などを使って絵画技法の解析を行なうなどの専門的な調査の一端も紹介される。

没後120年を経た今もなお私たちの心を揺さぶり続けているゴッホ芸術の根底を知る絶好の機会だ。なお、福岡と名古屋にも巡回が予定されている。

CINRA.NETでは、『没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名を「ゴッホ展招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年11月26日)

『没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった』

2010年10月1日(金)~12月20日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜(※11月23日(火・祝)は開館、翌24日(水)休館)
観覧料:一般1,500円 大学生1,200円 高校生800円

巡回展

2011年1月1日(土)~2月13日(日)
会場:福岡県 太宰府市 九州国立博物館

2011年2月22日(火)~4月10日(日)
会場:愛知県 名古屋市中区 名古屋市美術館

(画像上から:フィンセント・ファン・ゴッホ 灰色のフェルト帽の自画像 1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)、フィンセント・ファン・ゴッホ アルルの寝室 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)、フィンセント・ファン・ゴッホ 種まく人 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団、フィンセント・ファン・ゴッホ ゴーギャンの椅子 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)、画像すべて©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation))

フィンセント・ファン・ゴッホ 灰色のフェルト帽の自画像 1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 灰色のフェルト帽の自画像 1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ アルルの寝室 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ アルルの寝室 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) ©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 種まく人 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 種まく人 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ ゴーギャンの椅子 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ ゴーギャンの椅子 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開