ニュース

LEDのデジタル数字を用いた表現で知られる宮島達男が新しいテーマを模索

LED(発光ダイオード)のデジタル数字を用いた独特の表現手法で国際的に評価される現代美術アーティスト・宮島達男による『Warp Time with Warp Self』が、東京・台東区のSCAI THE BATHHOUSEで12月22日まで開催されている。

1980年代後半からいち早くLEDという素材に注目した宮島は、20年以上のあいだLEDのデジタル数字を常に表現言語に用い、六本木ヒルズテレビ朝日社屋の外壁に恒久設置された「Counter Void」や瀬戸内海の直島の古民家に展示されている「Sea of Time '98」などを手がけてきた。

今までの宮島の作品は、一貫して時間と空間の感覚をテーマとし、法則に従った規則正しいリズムの中でLEDが点滅を繰り返すことで現れる秩序と静寂の下にその表現手法が評価されてきた。しかし今回の新作では、単純なアルゴリズムの下に支配されない時間と空間の規則性を越えて展開する数字と数字の関連性、それが生む偶発的な事象によるイマジネーションの飛躍をコンセプトとした彫刻作品7点が展示されるなど、既存の「静謐な」イメージをやぶる新たな挑戦が繰り広げられる。

あらゆる事象や生命は一所にとどまらず、既存の枠を超えて多くの物事と関わりながら豊かな進化を続けていくという、宮島の新しい世界観の在り方を示唆する最初の試みとなるだろう。

宮島達男『Warp Time with Warp Self』

2010年11月12日(金)~12月22日(水)
会場:東京都 台東区 SCAI THE BATHHOUSE
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日

(画像上:“Changing Time with Changing Self No.2” 2001, 216 x 396 x 15 cm(参考作品)Installation view at Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito photo: Sadamu Saito、画像中:“Changing Time with Changing Self No.25-W” 2002, 264 x 264 x 15 cm(参考作品)、画像下:“C.F.Plateaux No.9” 2007, 84.9 x 100.8 x 1 cm(参考作品))

“Changing Time with Changing Self No.2” 2001, 216 x 396 x 15 cm(参考作品)Installation view at Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito  photo: Sadamu Saito
“Changing Time with Changing Self No.2” 2001, 216 x 396 x 15 cm(参考作品)Installation view at Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito photo: Sadamu Saito
“Changing Time with Changing Self No.25-W” 2002, 264 x 264 x 15 cm(参考作品)
“Changing Time with Changing Self No.25-W” 2002, 264 x 264 x 15 cm(参考作品)
“C.F.Plateaux No.9” 2007, 84.9 x 100.8 x 1 cm(参考作品)
“C.F.Plateaux No.9” 2007, 84.9 x 100.8 x 1 cm(参考作品)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開