ニュース

DAFT PUNK新作は『トロン:レガシー』サントラ、劇中にもトロンスーツで登場

12月17日より全世界同時公開がスタートするディズニー最新作『トロン:レガシー』。その劇中音楽を手掛けたDAFT PUNK(ダフト・パンク)によるオリジナルサウンドトラックが、12月15日にリリースされる。

『トロン:レガシー』は、監督にアップルやナイキをはじめとする革新的なコマーシャルを手がけてきた最先端の映像クリエイター、ジョセフ・コジンスキーを起用し、ディズニーがこれまでの3D映画を超える究極の映像革命に挑んだ話題作だ。

同作では、そんな誰も見たことのない近未来的映像に、DAFT PUNKによるエレクトロオーケストラが融合。ダンスミュージックを基調としながらも、100人を越えるオーケストラをフィーチャリングした曲など、コンポーザーとしての魅力を新たに打ち出し、近未来を舞台にした美しい映像とのリンクを見事に果たしている。

今回のアルバムはDAFT PUNKにとって2005年以来の新作音源。また、メンバーはトロンスーツを身にまといDJとして映画本編にも登場している。

『トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック』

2010年12月15日発売
価格:2,600円(税込)
AVCW-12808

1. OVERTURE 序章(トロン:レガシー)
2. THE GRID グリッド
3. THE SON OF FLYNN フリンの息子
4. RECOGNIZER レコグナイザー
5. ARMORY アーマリー
6. ARENA アリーナ
7. RINZLER リンズラー
8. THE GAME HAS CHANGED ザ・ゲーム・ハズ・チェンジド
9. OUTLANDS アウトランド
10. ADAGIO FOR TRON トロンのためのアダージョ
11. NOCTURNE ノクターン
12. END OF LINE エンド・オブ・ライン
13. DEREZZED ディレズド
14. FALL フォール
15. SOLAR SAILER ソーラー船
16. RECTIFIER レクティファイアー
17. DISC WARS ディスク・バトル
18. C.L.U.  クルー
19. ARRIVAL アライバル
20. FLYNN LIVES フリン・リヴズ
21. TRON LEGACY (END TITLES) トロン:レガシー(エンド・タイトル)
22. FINALE フィナーレ(トロン:レガシー)

amazonで購入する

『トロン:レガシー』

2010年12月17日(金)全世界同時公開
監督:ジョセフ・コジンスキー
撮影:クラウディオ・ミランダ
音楽:ダフト・パンク
キャスト:
ギャレット・ヘドランド
ジェフ・ブリッジス
オリヴィア・ワイルド
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(画像上:ダフト・パンク ©Disney Enterprises, Inc.、画像下:『トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック』ジャケット ©Disney Enterprises, Inc.)

ダフト・パンク ©Disney Enterprises, Inc.
ダフト・パンク ©Disney Enterprises, Inc.
『トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック』ジャケット ©Disney Enterprises, Inc.
『トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック』ジャケット ©Disney Enterprises, Inc.
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性