ニュース

舞踏カンパニー「山海塾」がパリで絶賛を浴びた新作を抱え凱旋公演

1975年に天児牛大によって設立され、世界のあらゆる文化圏からの評価も高い舞踏カンパニー「山海塾」の新作『二つの流れ―から・み』と、前作『降りくるもののなかで―とばり』が、東京の世田谷パブリックシアターにて上演される。

1982年から、世界のコンテンポラリーダンスの最高峰であるパリ市立劇場を創作活動の拠点とし、およそ2年に1度のペースで新作を発表し続ける山海塾。主宰の天児は一貫して舞踏を「重力との対話」と捉え、「誕生」「死」といった普遍的な人間の内的本質に迫りながら、身体言語に基づく独自のアートフォーム(表現形態)を創り上げることにより世界各国で支持を得てきた。

今回上演される新作『二つの流れ―から・み』は、2010年4月にパリ市立劇場にて発表され、全8公演が初日前に完売するという熱狂的な成功を収めたもの。

前作『とばり』が、宇宙と人間とのあいだで交わされる「外的な交換」をコンセプトとすると、新作『から・み』では人間の内で行われる「内的な循環」、あるいはそのような内部に影響を及ぼす「身近な環境との循環」が描かれている。2つの作品は「ミクロ」と「マクロ」の関係にあるということもできる、と天児は語っており、今回は山海塾の対をなす世界を同時期に体験できる絶好の機会だろう。

なお上演期間中には、天児牛大によるポストパフォーマンス・トークも開催されるので、詳しくは山海塾のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

※記事掲載時、公演名の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

山海塾
『二つの流れ―から・み』

2011年1月26日(水)~2011年1月30日(日)全5回

『降りくるもののなかで―とばり』

2011年2月3日(木)~2011年2月6日(日)全4回
会場:東京都 世田谷パブリックシアター

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古隆、YAS-KAZ、吉川洋一郎
舞踏手:
天児牛大
蝉丸
岩下徹(『から・み』のみ)
竹内晶
市原昭仁
長谷川一郎
松岡大
浅井信好
石井則仁(『とばり』のみ)

料金:S席4,500円 A席3,500円

『ポストパフォーマンス・トーク』

2011年1月27日(木)
ゲスト:渡辺保(演劇評論家)

2011年2月3日(木)
ゲスト:小沼純一(音楽・文芸批評家)

(画像:©Sankai Juku)

©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
©Sankai Juku
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像