ニュース

『爆音映画祭』の音楽編が始動、Pink FloydやThe Doorsなど音楽映画一挙上映

音楽映画を中心とした爆音映画祭『第一回爆音映画祭音楽編』が、東京・吉祥寺バウスシアターにて12月24日まで開催されている。

『爆音映画祭』は、音楽ライブ用の音響セッティングを使い、限界までボリュームをあげた大音響の中で、普段とは異なる映画との触れ合いを提供するほかに類を見ない映画祭だ。一般劇場では体験することのできない迫力の音響や、古き良き映画も新しい作品として蘇る新鮮さなどで人気を博している。

そんな爆音上映のシステムはそのままに、音楽を題材とした作品ばかりを集めたのが今回の映画祭。Pink Floydが廃墟となったポンペイ遺跡で行った圧巻のライブ映像を撮影した映画『ピンク・フロイド/ライブ・アット・ポンペイ』を中心に、The Doors、The Rolling Stones、Jimi Hendrix、Janis Joplinなど、1960年代から70年代を駆け抜けた様々なミュージシャンにまつわる作品が揃っている。

上映作品やタイムテーブルなど、詳細は同映画祭のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。なお、『ピンク・フロイド/ライブ・アット・ポンペイ』に関しては、フィルムが劣化しているため、状況によっては今後予定されている上映がキャンセルになる可能性もあるので、注意が必要だ。

『第一回爆音映画祭音楽編』

2010年11月27日(土)~12月24日(金)
会場:東京都 吉祥寺 バウスシアター

上映作品:
『ピンク・フロイド/ライブ・アット・ポンペイ』
『クリスタル・ボイジャー』
『スタンピング・グラウンド』
『モア』
『ラ・ヴァレ』
『フェスティバル・エクスプレス』
『JIMI HENDRIX ジミ・ヘンドリックス』
『ドアーズ/まぼろしの世界』
『ザ・ローリング・ストーンズレディース・アンド・ジェントルメン』
『極悪レミー』
『APOCALYPSE:A REQUIEM for the SIXTIES』
『地獄の黙示録・特別完全版』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年