ニュース

松たか子が双子兄妹の1人2役に挑戦、シェイクスピアの名喜劇『十二夜』

『上海バンスキング』『佐倉義民傳』と2010年のシアターコクーンを沸かせた演出家・串和美が手がけるおとなの喜劇『十二夜』が、2011年1月4日からBunkamuraシアターコクーンにて上演される。

双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラの乗った船が嵐に遭い、ヴァイオラはイリリアの海岸に打ち上げられる。消息の分からない兄を死んだと思った彼女は、身を守るため男装し、イリリアの公爵に小姓として仕えることにする。一方、ヴァイオラがてっきり死んだと思っていた双子の兄セバスチャンは、別の船の船長アントーニオに助けられ、イリリアにやって来ていた。

原作は、ロマンティックコメディの頂点とも言われるシェイクスピアの喜劇。キャストは、女優、歌手としての充実度を増す松たか子が双子の兄妹の1人2役に挑戦するほか、蜷川幸雄演出の『コースト・オブ・ユートピア』で新たな一面を切り開いた石丸幹二と、「劇団、本谷有希子」の『来来来来来』で舞台女優としてのセンスを見せたりょうが串田演出に初参加。さらに荻野目慶子、片岡亀蔵、笹野高史、そして大森博史をはじめとする元・オンシアター自由劇場のメンバーらが上質な喜劇に華を添える。

シアターコクーン・オンレパートリー2011
『十二夜』

2011年1月4日(火)~1月26日(水)
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン

原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出・美術・衣装:串田和美
主演:
松たか子
石丸幹二
りょう
荻野目慶子
大森博史
真那胡敬二
小西康久
酒向芳
内田紳一郎
片岡正二郎
目黒陽介
小春
片岡亀蔵
串田和美
笹野高史

料金:S席9,500円 A席7,500円 コクーンシート5,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー