ニュース

梅佳代、佐野史郎、原田郁子ら参加、写真アルバムを一挙に紹介する展覧会

様々な著名人の写真アルバムが楽しめる展覧会『ALBUM EXPO OSAKA 2010』が、12月1日から大阪・梅田HEP HALLで開催される。

同展では、俳優・佐野史郎の家に代々伝わる古いアルバムや、写真家・梅佳代のポケットアルバムなどバラエティに富んだ展示をはじめ、浅田政志、川島小鳥、平間至などの写真家が参加。また、MEGUMI、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、原田郁子(クラムボン)、しまおまほ、チェルシー舞花など、写真界以外の幅広い業界からも、豪華な参加者が集まる。

期間中は、写真家の伊東俊介がモノクロ銀塩プリントで記念写真を撮影してくれる「りす写真館」をはじめ、平間至によるワークショップ、はじめにきよしとベベチオによるライブショーなどが行われる。

さらに、12月5日には「アルバムの日」として、浅田政志と梅佳代によるトークショーも開催。また、アルバム作りコーナーも特設されるなど、様々なイベントが開催され盛り沢山な内容となっている。

『ALBUM EXPO OSAKA 2010』

2010年12月1日(水)~12月12日(日)
会場:大阪府 梅田HEP HALL
時間:11:00~19:30

出展者:
青空亭(挿絵師・夫婦ユニット)
浅田政志(写真家)
アラキミカ(Goma・料理ユニット)
伊東俊介(写真家)
梅佳代(写真家)
川島小鳥(写真家)
カータン(主婦ブロガー)
佐野史郎(俳優)
しまおまほ(コラムニスト)
タナカカツキ(漫画家)
チェルシー舞花(モデル)
tupera tupera(イラストレーターユニット)
中川正子(写真家)
中納良恵(EGO-WRAPPIN'・ミュージシャン)
はじめにきよし(ミュージシャン)
原田郁子(クラムボン・ミュージシャン)
原田奈々(写真家)
平間至(写真家)
広川智基(写真家)
福田利之(イラストレーター)
ホナガヨウコ(モデル・ダンスパフォーマー)
MEGUMI(タレント)
ヨーロッパ企画写真部
ほか

場内音:はやせなおき(ベベチオ)
テーマ曲:ベベチオ“写真の声”
料金:無料(一部イベントは有料)

『ALBUM EXPO OSAKA 2010』
『ALBUM EXPO OSAKA 2010』
『ALBUM EXPO OSAKA 2010』
『ALBUM EXPO OSAKA 2010』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像