ニュース

大友良英、山川冬樹、L?K?Oなどノイズシーンの最前線を追ったドキュメンタリー

2人のフランス人監督による、日本の現代即興・ノイズシーンで活躍するミュージシャンたちのドキュメンタリー映画『We Don't Care About Music Anyway…』が、2011年1月15日より東京・渋谷ユーロスペースにて公開される。

同作は、坂本弘道、大友良英、山川冬樹、L?K?O、Numb、Saidrum、竹久圏、嶋崎朋子という8人のミュージシャンと、現代日本の大量消費社会を結び付け、対峙させたドキュメンタリー作品だ。

押し寄せる人ごみと騒音。鉄道が轟音をたてて通り過ぎ、パトカーはサイレンをけたたましく鳴らし、街ではスピーカーが絶え間なく注意を呼びかける。そんな催眠術のような数多くのメッセージと、ノイズミュージックが混ざり合った瞬間に生まれる新しい東京の風景から、日本の実験音楽のカルチャーと、都市の在り方を考察していく。

なお、出演者の坂本弘道(渋さ知らズ、パスカルズほか)は同作に対して「街の姿がその街の人々が使う言語の写し絵みたいなものだとすれば、この映画は音楽という疑似言語によってその侵入を試みた実験である。ただし、音楽は最も危険なコミュニケーション撹乱装置なので心して観ていただきたい。」とコメントを寄せている。

『We Don't Care About Music Anyway…』

2011年1月15日より渋谷ユーロスペースにてレイトショー

監督:
セドリック・デュピール
ガスパール・クエンツ
出演:
坂本弘道
山川冬樹
大友良英
L?K?O
Numb
Saidrum
Umi no Yeah!!
Kirihito
Goth-Trad
Hiko
配給:カプリコンフィルム

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと