『ROCKS TOKYO』開催決定、第1弾にユニコーン、andymori、毛皮のマリーズら

東京発信型のロックフェス『ROCKS TOKYO 2011』が、5月28日、29日の2日間にわたり開催決定。あわせて第1弾出演者が発表された。

今回で2回目を迎える同フェスの舞台は、初開催の昨年に引き続き東京・新木場の若洲公園。第1弾発表として、10-FEET、andymori、[Champagne]、毛皮のマリーズ、The Mirraz、POLYSICS、世界の終わり、the telephones、TOTALFAT、ユニコーンの10組の出演が明らかになった。今後も追加出演者発表を控えており、第2弾発表は3月1日を予定している。

当日は、昨年と同様に3つのステージが用意されるとのこと。なお、1日あたりの料金が昨年と比べて500円ずつ値上げされており、これについてプロデューサーの鹿野淳は「どうしても去年と同じ値段ではクリア出来ないことが多く、値上げさせてもらうことになりました。さらなる音楽のファンタジーにしっかり還元しますので、ご理解願います。」とコメントしている。

チケットの一般発売は4月9日からスタート。チケットぴあの抽選先行予約は2月15日17:00から2月23日11:00まで受付け予定だ。


『ROCKS TOKYO 2011』

2011年5月28日(土)、5月29日(日)OPEN 10:00 / START 12:00
会場:東京都 新木場 若洲公園

出演:
10-FEET
andymori
[Champagne]
毛皮のマリーズ
The Mirraz
POLYSICS
世界の終わり
the telephones
TOTALFAT
ユニコーン
and more

料金:前売1日券8,500円 前売2日通し券15,000円(共にドリンク別)

(画像上から:『ROCKS TOKYO 2011』ロゴ、ユニコーン、andymori、毛皮のマリーズ、世界の終わり)

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 『ROCKS TOKYO』開催決定、第1弾にユニコーン、andymori、毛皮のマリーズら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて