RAW LIFE浜田淳が編集長務める新雑誌『音盤時代』、「読む音楽」徹した新感覚

新感覚の音楽雑誌『音盤時代』の創刊号が4月30日に刊行される。

『音盤時代』は、2004年から2006年にかけて開催されたライブイベント『RAW LIFE』の主催でも知られる浜田淳が編集長を務める季刊誌。従来の音楽雑誌に見られるプロモーション稼働のアーティストインタビューなどを排除し、純粋に読者が読みたいものを追求した内容となっている。また、創刊にあたり「音楽を読む、という行為は、ほんとうはまだ、形になっていないのかもしれません。本誌は、そのまだ見ぬ、『読む音楽』という桃源郷を目指します」と意気込みも語られている。

記念すべき創刊号ではアリエル・ピンク、シャロン・ヴァン・エッテンなどの濃厚な新譜紹介、「南国気分(つもり)」と題されたディスクガイドシリーズ、warszawa recordsやLOS APSON?といったレコード店へのインタビューを掲載。また執筆陣には、松田岳二、藤原ヒロシ、湯浅学、井上薫、安田謙一、伊藤ゴロー、福田教雄、松永良平、ファック・マスター・ファックなど豪華な顔ぶれが名を連ねている。

『音盤時代』のオフィシャルブログでは、発売に先駆けて同誌から数ページが丸ごと公開されている。音楽にまつわる新たな興奮を提供する新雑誌の片鱗に、いち早く触れてみてはいかがだろうか。

『音盤時代』

2011年4月30日発売
価格:1,575円(税込)

amazonで購入する


 

関連リンク

  • HOME
  • Book
  • RAW LIFE浜田淳が編集長務める新雑誌『音盤時代』、「読む音楽」徹した新感覚

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて