異色の「男女手繋ぎ格闘技」漫画、『アベックパンチ』が実写映画化

手を繋いだ男女2人組がリング上で闘う格闘技を描いた異色のアクションムービー『アベックパンチ』が、6月から東京・シネマート六本木ほか全国で公開される。

同作は、月刊漫画雑誌『コミックビーム』で連載され熱狂的な人気を博した、タイム涼介の同名漫画を実写映画化したもの。パートナーと手を繋ぎあった状態で相手と戦い、どちらかのペアの手が切り離されるか、もしくは自ら切り離さなければ勝敗がつかない「アベック」という架空の格闘技を題材としている。

物語の主人公は負け犬高校生コンビのイサキとヒラマサ。ある日道で出会った男女に繋ぎ手のパンチでKOされてしまい、格闘技アベックの存在を知る。彼らにリベンジするため競技に出場するには女性とペアを組まなければならず、訳ありの少女メバルと、女子高生エツと共に2人のアベックへの道のりが始まった。

監督は『オトシモノ』『青春H making of LOVE』の古澤健。キャストには同作が初の単独主演となるD-BOYSの牧田哲也をはじめ、鈴之助、水崎綾女、武田梨奈ら、アクションを得意とするキャストが集結しており、リアルなアクションシーンも見どころだ。

4月23日には、原作者・タイム涼介の直筆書き下ろしによる登場人物のイラスト付き前売鑑賞券が限定100枚で発売される。ファンにとっては必携のプレミアムチケットになるだろう。

CINRA.NETでは、6月7日(火)18:30(開場18:00)から東京・スペースFS汐留で行われる『アベックパンチ』一般試写会に10組20名様をご招待いたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「アベックパンチ試写会応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年5月29日)

『アベックパンチ』

2011年6月からシネマート六本木ほか全国ロードショー
監督:古澤健
脚本:杉原賢明、古澤健
原作:タイム涼介『アベックパンチ』(BEAM COMIX)
出演:
牧田哲也(D-BOYS)
鈴之助
水崎綾女
武田梨奈
小祝麻里亜
相川イオ
岸建太朗
友常勇気
滝本吏紗
小島可奈子
ルー大柴
配給:アンプラグド

(画像上:©2011 Ryosuke Time/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC.、画像下:イラスト付き前売鑑賞券 ©タイム涼介/エンターブレイン)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 異色の「男女手繋ぎ格闘技」漫画、『アベックパンチ』が実写映画化

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて