bonobos新シングル『Go Symphony!』、リミックスにデデ、Serph、オオルタイチ

bonobosのニューシングル『Go Symphony!』が、9月7日にリリースされる。

同作は結成10年を迎え、レゲエ、ダブ、エレクトロニカなどあらゆるジャンルを吸収して進化を続けてきたbonobosにとって約2年ぶりの新作。2010年からそれぞれソロ活動を行っている蔡(Vo,Gt)と辻(Dr)が磨き上げたサウンドプロダクションと、伸びやかさを増した蔡の歌声が融合したことで、希望に満ち溢れたピースフルな楽曲に仕上がっている。

同作のレコーディング及びミキシングエンジニアは、toeの美濃隆章が担当。また、カップリングにはDE DE MOUSEとSerphによる“Go Symphony!”のリミックスバージョンに加え、“星の住処”のOORUTAICHIリミックスバージョンが収録されている。

さらに、bonobosのオフィシャルサイトおよびYouTubeの「ボノボチャンネル」では、レコーディングの模様を編集した予告動画が公開中。こちらもあわせてチェックして欲しい。

bonobos
『Go Symphony!』

2011年9月7日発売
価格:1,050円(税込)
PECF-3014

1. Go Symphony!
2. Go Symphony!(symphony again mix by DE DE MOUSE)
3. 星の住処(OORUTAICHI REMIX)
4. Go Symphony!(Serph REMIX)
5. PRAY for

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • bonobos新シングル『Go Symphony!』、リミックスにデデ、Serph、オオルタイチ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて