Salon Musicが9年ぶり新作アルバム、クール&ポップなニューウェイブサウンドに磨き

Salon Musicの9年ぶりとなるニューアルバム『Sleepless Sheep』が、11月16日にリリースされる。

Salon Musicは、吉田仁と竹中仁見によるニューウェイブユニット。1981年に発表したセルフレコーディングのカセットテープ『hunting on Paris』がイギリスで注目され、翌年イギリスのレーベル「フォノグラム」からデビュー。90年代からはプロデュースやミックスを多数手掛けつつ、レーベル「trattoria」から作品を発表。現在までに13枚のアルバムをリリースしている。

2002年のアルバム『new world record』以来となる同作では、Salon Musicならではの時代を越えたクールでストイックなサウンドを披露。さらに叙情的かつサイケデリックな肌触りも感じさせる、充実した作品に仕上がっている。また、ゲストミュージシャンとして、Spangle call Lilli lineの大坪加奈とアナログフィッシュの斉藤州一郎が参加。アートワークには、アルバムタイトルの由来となった鈴木侑馬が、Salon Musicからの依頼を元に描いた絵画作品が使用されている。

Salon Music
『Sleepless Sheep』

2011年11月16日発売
価格:2,500円(税込)
PECF-1034 / felicity cap-130

1. SLIDER
2. IT'S A LITTLE THING
3. BEDROOM
4. MY STRUGGLE
5. TELL ME YOUR THOUGHTS
6. SIGNS OF WATER
7. RAINCOAT
8. JUST IN THE SUMMERTIME
9. IMMATURE CREATURE
10. RAINSTORM
11. WAKE UP SISTER

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • Salon Musicが9年ぶり新作アルバム、クール&ポップなニューウェイブサウンドに磨き

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて